新型コロナの影響で自宅待機になってしまった。

スポンサーリンク

月曜日の朝礼のこと

月曜日のことになるのですが、朝の朝礼で上司から重要な話しがあると切り出されました。

その話しとは、来週から出勤が減るという話しでした。

新型コロナの影響で仕事が減っているのは、事前にというかすでに承知していました。

そして、いつかはこういうことになるだろうな。と思っていましたので…

上司からの話しを聞いたときに、特に驚いたとかビックリしたとか、そういったことはありませんでした。

むしろそういった話しになる可能性の方が高いとさえ思っていました。

また、出勤が減ることで、新型コロナに感染するリスクが下がったので、それはそれで良いとも思いました。

毎週水曜日が休みになりました。

詳細は、出勤が大幅に減るということではなく、当面は「水曜日のみ」自宅待機にするとのことでした。

そこで、月・火・木・金は出勤、水・土・日・祝は休み。ということになりました。

ただし、そうなると今度は、給与のことが心配になります。

給与については、自宅待機日の基本給は、会社が補償してくれるとのことでしたが、手当などは支給しないとの話しでした。

ということは、早出とか遅出とか、そういった手当が減ることになります。

また、すでに残業もなくなっているので、月給にすると通常月よりも、1万円以上マイナスになります。

こればかりは仕方がない

そこで「今の状況で1万円ぐらい給与が下がるとか大したことないじゃん!」といわれるかもしれません。

しかし、そもそも給与が安いところに、1万円以上のマイナスになるのは大きいです。

また、当面は水曜日のみ自宅待機ですが、今の状況が今後も続くようなら、他の日も自宅待機にするとのことでした。

あと、水曜日の自宅待機の給与は、当面は補償するとのことでしたが、状況によってはなくなる可能性があるともいわれました。

ということで、厳しい状況になりましたが、こればかりは仕方がないと思います。

そして、新型コロナが1日でも早く収束することを願うばかりです。

一人暮らし人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

仕事
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
元ダメ人間の灰色人生ブログ
タイトルとURLをコピーしました