2回目のワクチン接種を終えた状況と感想

スポンサーリンク

ワクチン接種1回目

接種会場では「36.0度」、接種した2時間後ぐらいまでは、特に体調の変化はなかった。

そこで、世間で副反応が大変!とか言われているけど、副反応とか全然怖くないじゃん!と思った。

しかし、接種から3時間経って体温を計ると「36.4度」まで上がっていて、その1時間後ぐらいから腕が痛みだしてきたので、これが俗にいう副反応かと思った。

さらに時間を増すごとに腕の痛みが激しくなる。

翌日体温を測ると「36.2度」と、多少体温は下がったけど、腕の痛みは前日よりも強くなる。

翌々日の体温は「35.8度」で平熱に戻るも、腕の痛みは相変わらず。

接種から3日後に、ようやく腕の痛みが和らいで安心する。

ワクチン接種2回目①

接種会場はで「35.2度」と、なぜか平熱よりも低かった。

・1時間後 35.4度

特に変化なし

・3時間後 36.2度

体温が急に上がったのを見てビックリした。

熱がある感覚はなく、頭痛などもなく、体のダルさとかもなかった。

ただ1回目と同じく、接種した左腕が少し痛くなってきた。

・4時間後 36.4度

相変わらず熱がある感じはない。

ただ少しだけ頭が痛い感じがする。

腕の痛みがさらに増した。

ワクチン接種2回目②

・8時間後 36.5度

頭痛と腕の痛みが少し増した。

特に腕の痛みが強くなってきた。

・10時間後 36.5度

頭は少し違和感があるけど、少しずつ頭痛は治っているように感じる。

その代わり左腕がさらに痛くなり、半分ほど腕を挙げるだけで痛みが走る。

・翌日 35.7度

前回の測定のときと、体調はほぼ変わらず。

頭痛はほとんど治ったけど、腕の痛みは相変わらず取れず。

・12時間後 36.2度

なぜか体温が上がっていたが、平熱とそれほど変わらず。

腕の痛みは変化なし、それ以外も特に変化なし。

ワクチン接種2回目③

翌々日は、腕の痛みがだいぶ取れるも、まだ痛さは残っている。

2回目の接種ということで、いろいろな副反応が出ると思ったけど、腕の痛み以外は特に大したことなかった。

総評としては、1回目の方が腕の痛みが強かった。

2回目の副反応を恐れていたけど、腕の痛みがあっただけで、体温が上がるも高熱とかはなく、倦怠感も特になかった。

と言うことで、2回目のワクチン接種が無事に済んでホッとしました。

一人暮らし人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

病気・薬
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
元ダメ人間の灰色人生ブログ
タイトルとURLをコピーしました