調子に乗って天狗になると最後には痛い目に合う。

スポンサーリンク

タピオカ事件

木下優樹菜さんの「タピオカ事件」について

木下優樹菜さんの姉・さやかさんが勤めていたタピオカ店と姉がトラブル

そのことで、木下優樹菜さんが店主に、脅迫まがいのDMを送っていたことが明らかになる。

その内容は、弁護士たててとか、事務所総出でとか、もし同じ内容のDMが私に送られてきたら、正直「怖い」と思います。

それは、私以外の誰でも思うことだと思います。

脅迫まがいではなく脅迫だよ

ということは、そのDMは脅迫まがいではなく、脅迫だったということです。

また、場合によっては刑事事件になっても、おかしくない内容だったと思います。

そして、売れっ子タレントだったので、想像の範囲になりますが、事務所では甘やかされていたのでは?

そういった事務所で育てられたタレントが、なるべくしてなった姿

また、起こるべくして起きた事件だと思います。

天狗

おバカタレントで突然売れてしまい、次はママタレでもそこそこ売れてしまい…

周りからずっとチヤホヤされて、言葉悪いですが「調子に乗っていた。」のでしょう。

いわゆる「天狗」というヤツです。

そして、天狗になると、自分が一番だと錯覚してしまい、自分の行動を正当化してしまう。

だから、私のやることは全て正解で、私に従うのが当然だと。

一生残る怖い記憶

ましてや、身内のトラブルとなれば、天狗だから口調や文章が激しくなるのも当然

これがもし、全く売れていないタレントだったら、ここまで脅迫したDMを送ることはなかったのでは?

結局、天狗になっていたのが全てで、気付いたときには「後の祭り」ということです。

そこで、やってしまったことは仕方がないので、相手が許してくれるまで、謝り続けるしかないと思います。

それでも、脅迫された本人からしたら、いくら謝られても怖い思いをさせられたことは、一生記憶から消えないと思います。

天狗になって良いことはない

私も過去に天狗になったことがあり、そのことで後悔したことが何度もあります。

むしろ、天狗になって良かったことなど、一度もありませんでした。

人は、まわりからチヤホヤされたり、自分の能力を過信したりすると、すぐに天狗になってしまいます。

それは、自分は能力が高いとか、人より優秀だとか、才能があるとか、そんな風に思ってしまうことです。

しかし、天狗になって良いことなどないと思います。

一人暮らし人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
元ダメ人間の灰色人生ブログ
タイトルとURLをコピーしました