チョコレートを食べたら歯の詰め物が欠けてしまった。

スポンサーリンク

固いチョコレート

先々週に正栄食品工業の優待で、いろいろなお菓子が届きました。

※ 画像は前回の記事の使い回し

その多くは「チョコレート類」でした。

その中に、キューブ型のチョコレートがあって食後のデザートとして、少しだけ食べようと思い食べていたのですが…

こんな感じのチョコレートで、見た目以上に固いチョコレートでした。

ガリガリという嫌な感じ

冬の寒さでチョコレートが冷えていたので、なおさら固くなっていたと思います。

これが夏なら逆に溶けていて、柔らかくなっていたと思います。

そして、チョコレートを食べた瞬間「固い!」と思ったのですが、無視して食べ続けました。

1個目食べて、2個目食べて、3個目を食べていたときに「ガリ!」と言う感じで、歯で固い物を噛み砕きました。

ん?と思ったのですが、無視して噛み続けていると、さらに「ガリ!ガリ!」という感触が!

これはおかしいと思い、舌(ベロ)で歯を確認すると、1ヶ所の歯に穴が開いていました。

プラスチック製の詰め物はショボイ

その歯には詰め物をしていたのですが、その詰め物が欠けたのを歯で噛んだので、ガリとなったと言うことです。

安いプラスチック製の詰め物(コンポジット)なので、固い物を噛むと簡単に欠けてしまう。

さらに、つまようじとかで何度も触っていると、簡単に外れてしまう。

あと、歯磨きしていると次第に研磨剤ですれてしまい、これもまた外れてしまいます。

だから早いと半年とか、普通にしていても1年とか、長くても1年半ぐらいしたら、結局詰め直してもらうことになる。

本当は、セラミックとかにしたいんだけど、高すぎるので無理!

もしくは、歯を外してインプラントにしたいけど、治療費が高いのと不具合も多いらしいので、怖くてできない。

歯は大切にしよう!

若いころは、歯のことなんて全く気にしてなかったのですが、歳を取ると歯の大切さが身に染みてわかります。

そこで思うのは、若いころからもっと歯を大切にすれば良かった言うこと。

ただ、昔の歯医者ってヤブ医者が多くて(今も多い?)、無駄に歯を削ったりとか、いい加減な治療をする医者が多かったんだよね。

そのせいで、2本ぐらい歯をボロボロにされたのが痛い。奥歯の1本と左上の1本は、完全にヤブ医者に壊されたからね。

そこで、歯が悪い私が言うのもですが、本当に歯は大切にした方が良いよ。

でないと、歳を取ってから私のように大切にしとけばと、後悔することになると思う。

一人暮らし人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

病気・薬
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
元ダメ人間の灰色人生ブログ
タイトルとURLをコピーしました