キャビンの社会人 その7(転職に失敗そして自信喪失)

スポンサーリンク

面接に受かるも納得しない日々

ビルメンの仕事をしていて、上を目指そうと転職を決意してからは、月2~3回のペースで面接を受けていました。

面接は、ビルメンでは、当直(24時間勤務)をやっていたので・・・

明けの平日に面接に行けるという、転職活動するには環境的に恵まれ、多くの会社の面接を受けました。

そして、経験と資格があり現役でビルメンをしていましたので、面接を受ければ大手以外は、大抵採用(内定)される状況でした。

運良く大手に採用される。

しかし、現在の会社と条件が変わらないのなら、なにも転職する必要はなく・・・

採用が決まるような会社は、どの会社も現在の会社と条件的には、似たり寄ったりの会社ばかりでした。

そこで、いつしか転職してキャリアアップするのは、無理だと諦めるようになっていました。

しかし、たまたま大手といわれるビルメンの面接を受けたところ、運良く採用が決まり、その会社に入社することにしました。

大手の面接内容など

大手の採用までの流れは、書類審査→適正検査→一次面接(人事)→二次面接(現場)→最終面接(役員)となっていました。

そして、採用されるまでには、上記のような感じでしたので、どうせどこかで落ちるだろうなと思いながら、面接を受けていました。

ですので、まさか採用されるとは思わず、採用されたのは、本当に運が良かったと思います。

ちなみに、その会社はビルメンをしている人なら、知らない人はいないというぐらい、超が付く有名な大手になります。

そして、受かったときには思わず、やった!とガッツポーズをしてしまい、完全に有頂天になってしまいました。

キャパオーバーの仕事

それから意気揚々と入社するも、入社したことがすぐに、失敗だったと悟ることになります。

それは、入社から時間が経つにつれ、今まで経験したことがなかった、マネージメント的な仕事をさせらるようになり・・・

私の能力では、完全にキャパオーバーになる、多くの部下を抱えさせられたからです。

また、私の能力を超えるような仕事内容に、毎日頭を抱えるようになってしまいました。

鬱手前まで行ってしまう。

そのような中で、仕事していたところ「鬱手前」まで行ってしまいました。

それは、朝起きると仕事に行きたくないから始まり、電車に乗っていると気持ちが悪くなったり、気分が優れなかったり・・・

会社では、頭痛になることも多く、もうどうしようもない状態でした。

また、上司からは怒鳴られ、得意先からも怒鳴られ、部下からは使えないと罵(ののし)られ、残業も月50時間を超えるとか普通でした。

大手でしたが仕事の内容は酷かった。

正直、今なら労災が認定されるぐらい、本当に酷い環境で仕事をしていたと思います。

それは、会社や得意先などにも責任があったと思いますが、私の能力のなさにも原因があったと思います。

そして、もうこれ以上無理に仕事を続けたら精神的にまずいと思い、医者からのすすめもあって、退職することを決意しました。

また、このことで今まで持っていた、自信を全て打ち砕かれてしまい、仕事に対して自信の持てない人間になってしまいました。

自信喪失になる。

さらに、今までビルメンで積み上げてきたキャリアを、ここで全て捨てることになります。

そして、このころが私の社会人としての一番のピークでもありました。

それは、会社の知名度、給与、福利厚生、仕事内容など、どれを取っても私には、申し分のない会社だったからです。

結局、私に能力がなかったことで、仕事の重圧に耐えきれず、仕事から逃げてしまいました。

URL:続きを読みたいという方は、ここをクリック!!

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

キャビンについて
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
元ダメ人間の灰色人生ブログ