キャビンの社会人 その13(睡眠が取れず不眠症になる)

スポンサーリンク

仕事がない!

前職を「超ド短期」(2週間)で辞めたのはいいですが、その後の仕事がない。

40歳も超えれば仕事がないのは当然で、正確には仕事はありますが、条件に合う仕事がない状況でした。

それは、仕事内容、給与、勤務地、年齢、いろいろな条件を考慮すると、応募できる仕事がないといった感じでした。

さらに、私は転職回数が多く、面接でどういいわけしても、仕事が続かないと思われてしまうので・・・

そのことで、書類審査は落ちるし、面接では転職回数が多いことを突っ込まれるし、とにかく次の仕事が決まるまで大変でした。

24時間勤務の仕事

そこで、仕事がなく悩みに悩んで仕方なく「2交代制」(24時間勤務含む)の仕事をすることになる。

その仕事は、警備あり、設備管理あり、清掃あり、その他もろもろありで・・・

各部門の手薄なところを手伝うような「雑用的」な内容でした。

以前働いていたビルメンの仕事も考えたのですが、大手ビルメン会社で仕事が辛く、鬱手前まで行ったトラウマがあり・・・

また病気になってしまうとの恐怖心があり、ビルメンで働く気にはなれませんでした。

参考URL:ビルメンの仕事が辛くて鬱手前までなってしまう。

不眠症になる①

そして就職してからは、仕事は差して難しいものではなかったのですが・・・

仕事以外に問題があり、仮眠時間に周りがうるさいのと、自分の布団でないことで、睡眠が上手く取れないことで、寝れないことでした。

そして、24時間勤務で熟睡できたのは、仮眠時間7時間のうち1~2時間程度で・・・

寝れずに辛かったのですが、年齢的に後がないと思い、無理に仕事を続けていました。

不眠症になる②

そのような状態で無理して、数ヶ月仕事を続けていたところ・・・

体調がおかしくなり、後日病院に行ったところ「不眠症」と診断されました。

その後、会社に病状を相談したところ、上司から「無理」との判断で、私もこれ以上仕事を続けるのは、無理だと感じていました。

そこで、双方の合意の上で、会社を辞めることになりました。

最後に

今回仕事を辞めたのは、病気になったので仕方ないと思います。

しかし、我慢が足りなかったと思う部分もあり、何ともいえない違和感みたいなものを感じました。

そして、40歳を過ぎてしまうと、睡眠がまともに取れない24時間勤務の仕事など、私には無理ということだったと思います。

これ以降、仕事を辞めたのは仕方がないにしても、次の仕事をどうすればいいのかと思い、悩む日々が続くことになる。

URL:続きを読みたいという方は、ここをクリック!!

50代オヤジブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

キャビンについて
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
元ダメ人間の灰色人生ブログ