キャビンの社会人 その11(自営を目指すも失敗に終わる)

スポンサーリンク

自営を目指す!

仲が良かった仲間からの裏切りで、3年持たずして前職を退職してから、転職回数はすでに10回を超えていました。

そこで「いい加減に落ち着かないといけない!」と思いながらも・・・

仕事を探して仮に職に就いたとところで、どうせ数ヶ月か、もっても2~3年しか続かないんだろうなと思い・・・

自分の人生に対して、諦めの気持ちで一杯でになっていました。

そこで、次はどうしようと考えたところ、年齢や転職回数の多さを考えると、もう雇われは無理だと思い「自営」を目指すことにする。

ネットビジネス

ただし、自営するには資本もなければ、ノウハウもありませんでした。

そこで、ネットならほぼ無資本でできると思い、ネットビジネスならぬ「ネットである商品を売る仕事」を開始しました。

そして、机上では生活費ぐらいは稼げる。と思っていたのですが・・・

ネットで売れていて、それなりの収入になる商品となると、ライバルも多く・・・

思うように商品は売れず、試行錯誤しましたが月数千円程度の収入が限界で、お小遣い程度にしかなりませんでした。

自営を諦める。①

ネットで商品を売るとなると、サイトのデザインのセンスやライティングのセンスなどが必要になります。

そこで、そういったものがないとサイトを作っても、見てくれないし読んでもくれない。

見てくれないし読んでもくれないので、商品が売れないの堂々巡りになります。

その後、ネットで商品を売ると考えた安易な行動は、すぐに破綻してしまいました。

そこで、このまま月数千円の収入でも、自営で成功する日を夢見て赤字を垂れ流し続けるか?もう諦めて就職活動するか?

自営を諦める②

その二択で悩みながらも、ズルズルと無駄な自営の作業を半年以上も続けてしまう。

その後、収入は上がることなく月数千円止まりで、これではとてもではないけれど、生活するには無理だと判断し・・・

自営することは諦めて、就職することにしました。

結局、突き詰めて考えると、仕事を辞める口実としての自営であって、自営が目的ではなく仕事を辞めるることが目的だったので・・・

そんな安易な考えで始めた自営が、成功するはずもありませんでした。

そもそものスタート時点が間違い

さらに、生活費ぐらいになればいいやと思い、毎日適当に作業をしていたのと・・・

また、収入が想像以上に少ないのもあって、途中から「自営とかどうでもいいわ!」と、投げやりになっていました。

最終的に、自営するための作業時間よりも、今後の生活をどうしようかと思い悩む時間の方が、多くなって行きました。

そして、このままではダメになると思い、自営を諦めて就職活動することにしました。

堂々巡りの転職人生

仕事を辞めて反省する。次こそは、仕事を続けようと就職活動する。

そして、いざ働いてみると、給与が安い、仕事内容が悪い、人間関係が悪いと、何かしらの理由を付けて、すぐに仕事を辞めてしまう。

いつもこの堂々巡りの転職を続けていて、どこかで我慢しなきゃいけない、どこかで踏ん張らなきゃいけないと思うのですが・・・

そう思うだけで、いつも仕事を投げ出してしまう。そして、気付いたときは仕事を辞めて、自暴自棄になっている自分がいました。

もうこうなってしまうと、全て自分の責任だとわかっていても、人生に絶望しか見いだせずにいました。

URL:続きを読みたいという方は、ここをクリック!!

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

キャビンについて
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
元ダメ人間の灰色人生ブログ