キャビンの社会人 その10(仲が良かった人からの裏切り)

スポンサーリンク

ダメ人間

前職の仕事を辞めてから「自分は派遣も続かいないクズなのか?」と思い悩み・・・

自暴自棄になってしまい、数ヶ月の間、自宅に引きこもることになる。

私の中では、前職を「万全の体制」で挑んだはずだったのに、その会社も数ヶ月で辞めてしまいました。

そこで、もうどの会社に行ってもダメなんだと思い、自分で自分のことを「ダメ人間」とか「社会不適合者」として、レッテルを貼ってしまう。

ただ、生活するためには、ずっと引きこもっているわけにもいかず・・・

そこで、生活のために働かなければならなかったので、引きこもってから数ヶ月後には、また就職活動を開始する。

設備管理の仕事を選ぶ

そこで、今後の仕事選びをどうすべきか考え、今後は自分がやりたい仕事ではなく・・・

私のようなダメ人間にでもできる楽そうな仕事で、長期に渡り続けられるような仕事を選ぼうと考えました。

ただし、もうこのころには、40歳手前になっていましたので・・・

まともな会社に就職するには、今までの仕事の経験や資格をアピールするしかないと考え、設備管理関係の仕事を選びました。

その後、数ヶ月後に無事に再就職が決まり、その会社に入社することになる。

リーダーに抜擢

その仕事とは、とある公共施設の設備を管理する仕事でした。

そして、体力的に大変な仕事でしたが、上司や先輩たちは良い人ばかりで、仕事仲間に恵まれました。

そのことで、仕事を辞めることなく、その後2年の月日が流れることになりました。

そして、会社から認められ現場の「リーダー」(所長→副所長→リーダー)になりました。

仲間だと思っていた人からの裏切り

しかし、リーダーになってから数ヶ月後に、凄く仲が良かった人から理由がわからないまま、嫌がらせを受けるようになる。

そのことで、リーダーとして指示を出すも、指示通りに仕事をしない。

指示していない仕事を勝手にやり出すなど、奇行を繰り返されることになる。

そこで「指示に従え!」と何度いっても無視され、一向にわがままを止めることはできませんでした。

そんな感じで手に負えない状態になり、それを見た他の人たちもいい加減に仕事をやり始め、現場の統制が取れなくなってしまう。

精神的に追い詰められて退職

そこで、責任者と副責任者を交えて、何度も何度も仕事の相談をするも、われ関せずで他人のことのように扱われてしまう。

そのことで、仕事のことを誰にも相談することがきなくなってしまう。

そして、私一人で現場の問題を全て抱え込んでしまい、それが原因で精神的に参ってしまい、会社を退職してしまいました。

頑張ってせっかくリーダーになったのに、3年持たずして会社を辞めてしまいました。

URL:続きを読みたいという方は、ここをクリック!!

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

キャビンについて
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
元ダメ人間の灰色人生ブログ