死ぬ気がない人に限って軽々しく簡単に死にたいという事実

スポンサーリンク

軽々しく簡単に死にたいという人

大して辛くもないのに「死ぬ」とか「死にたい」など、軽々しく簡単にいう人、そんな人は最低だと思う。

死ぬを口して「かわいそうだね」とか「辛いね」とか、周りからなぐさめて欲しいのか、かまってちゃんなのか・・・

何なのかわかりませんが、そういう人に限って、死ぬ気などサラサラない。なら、始めから死ぬなんて言葉は、口にしない方が良いと思う。

素直に「生きたい!」って、いえばいいと思うし、それが恥ずかしくて口に出していえないなら、心の中で生きたいって思っていればいい。

死を軽々しく簡単に口にする人は信用できない!

だから、生放送(ニコ生など)やブログなどで、死にたいみたいなことを語る人を、私は全く信用しないし、そういった人の言葉を信じることはない。

それは、その人のことが嫌いとかではなく「この人ってそういうことを軽々しく簡単に口にする人なんだ」と理解するということです。

そして、そういった人とは、距離を置くことにしています。

それは、死にたいとかの言葉を聞きたくないし、そういった人の言葉を信用することは、後にも先にもないことだからです。

親より先に死ぬことは最大の親不幸

確かに「生きることが辛い」とか「死にたいぐらい辛いことがあった」など・・・

そこで「死にたい」とか「死んだらどうなるのだろう」など考えることはあると思います。

しかし、それを軽々しく口に出していってはいけないと、私は思っています。

それは、自ら死を選ぶなんて、苦労して産んで育ててくれた親に申し訳ないと思うし、最大の親不幸は「親よりも先に死ぬこと」だからです。

手を差し伸べてくれた人のことを考える。

また、友達だって、先生だって、同僚だって、上司だって、生きるためにどれだけのことを手ほどきしてくれて、助けてくれたかということ。

確かに、悪い友達、不公平な先生、横柄な上司など、世の中には、そんな嫌な人もたくさんいたかもしれません。

しかし、それ以上に周りの人からいろいろな恩を受けているし、何かと応援してくれた人もたくさんいると思います。

そういった人たちのことを考えると、やはり軽々しく死ぬなどとはいえないし、いってはいけないと思います。

最後に

生きていて辛いことがあったりすると、死にたと思うときはあると思います。それを否定はしません。

ただ、やはりそれを軽々しく、簡単に口に出してはいけないと思うんだよね。

ただ、こんなことを言ったり書けたりするのは、私は何だかんだで恵まれた環境にあるからなのか、その辺はよくわかりませんが・・・

とにかく、死ぬ気がない人に限って、軽々しく簡単に死にたいという事実がある。ということです。

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
元ダメ人間の灰色人生ブログ