新元号「令和」(れいわ)の話題で持ち切りですね!

スポンサーリンク

新元号は「令和」でした。

平成から変わる新たな元号が「令和」(れいわ)に決定しました。

その元号を聞いて、私が最初に思ったのは「???」で、頭の中が?マークでした。

その理由は、令和というのがしっくりこないというか、違和感があるというか・・・

新元号の令和を聞いた第一印象は、そんな感じに思いました。

また和を使ってもいいの?

まず、令和の「和」は、昭和の和でも使われています。

そこで、年代が近い元号に、同じ和を使うのはどうなのかと思いました。

また、今の平成と今後の令和を比べると、平成の方がしっくりくると思いました。

そして、会社でも令和のことが話題になっていて、会社の多くの人が「令和ってなんやねん!」といっていました。

慣れの問題だと思う

ただ、始めはなんやねん!と思うかもしれませんが、これは慣れの問題で、これから令和を使い続けることで・・・

令和で良かった。と思える日が来るのかなと思います。

また、平成のときも聞い瞬間はしっくりこない思ったし、使い始めのときは、昭和の方が良いと思っていました。

しかし、平成を何年も使い続けているうちに、平成という元号も良いと感じました。

ですので、令和も使い始めは違和感があると思いますが、良いと思える日がそのうち来るのかなと思います。

西暦2000年問題を思い出した。

そして、令和を聞いて思い出したのは、新元号の話しとは少しズレてしまいますが・・・

私は「西暦2000年問題」を思い出しました。

その当時、私は社内SEをしていて、社内のシステムを2000年に対応させるのが、大変だった記憶があります。

そこで、現在プログラマーやシステムエンジニアなどをしている人は・・・

まだ先の話しですが、令和という新元号に変わることでシステムの対応などが、大変になる人もいるだろうなと思いました。

50代オヤジブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
元ダメ人間の灰色人生ブログ
タイトルとURLをコピーしました