PCのカクカク問題はキーボードのレシーバーが原因だった。

スポンサーリンク

PCのカクカク問題

前回の記事で「RealPlayer」(リアルプレイヤー)を更新したところ、翌日からブラウザー(ChromeやEdgeなど)やメモ帳などがカクカクして動かなくなったと書きました。

そこで当初は、RealPlayerを削除すれば直るだろうと、安易に考えていました。

しかし問題はRealPlayerではなく、別のところにありました。

まずやったのは…

・RealPlayerの削除(アンインストール)

・キャッシュの削除(Chrome)

・ブックマークの削除(Chrome)

・拡張機能の削除(Chrome)

・全ての期間の閲覧データなど削除(Edge)

これをやっても解決しなかった。

次に…

・タスクマネージャーでCPUやメモリを多く使用しているアプリ(ソフト)が動いてないか確認 → ナシ

・不要なアプリを全て削除(アンインストール)

これでもPCのカクカク問題は解決しなかった。

最後の手段

そこで最後の手段として「Windowsの再インストール」をやるも、これでもPCのカクカク問題は解決しなかった。

こうなると原因はソフトではなく「ハード」の問題になる。(この時点での予想)

そこで取り合えず今すぐ出来るのは、周辺機器の確認だと思い早速作業することに。

まずは…

・マウスを取り外して予備の新しいマウスに取り換えるも結果は変わらず。

・モニターのケーブルを抜いて差込口を清掃して付け直すもこれも結果は変わらず。

・ワイヤレスキーボードの電池を新品に交換するもダメ。

・最後にキーボードを予備のキーボード(有線)に交換したらカクカクが直った。

最後に

結局PCのカクカク問題は、ワイヤレスキーボードの「レシーバー」が原因だった。

こんなのが原因とか普通わかるかよ!

ちなみにレシーバーとは、ワイヤレスキーボードから発信された信号をキャッチして、パソコンに伝える装置のことです。

少しばかしPCに詳しかったからたまたま解決できたけど、これが初心者とかだったら絶対にわからないだろうな。

そしてもしキーボードが原因でなかったら、メモリーとハードディスクとグラボを交換しようと思っていたので、その前に問題が解決できて良かった。

もうこんな面倒は二度と御免だよ。

一人暮らし人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました