親ガチャに成功した人が羨ましい。

スポンサーリンク

初出勤

昨日、初出勤してきました。

そして、いつもと変わらない一日が始まりました。

仕事始めだからと言って、特に仕事が忙しいと言うことはなく、淡々と仕事をこなしました。

うちの会社は年中無休なので、冬休み明けだからと言って、仕事が貯まっていると言うことはありません。

また、私の契約上、土・日・祝(冬休みなども含む)が休みなので、世間一般の社会人と同じ日程で休んでいます。

ただ最近は、土・日・祝のどれでもいいので、出勤してくれないかとお願いさている。

しかし、それを許してしまうと見境がなくなってしまうので、適当な理由を付けてやんわりとお断りしている。

仕事が嫌い

初出勤して思ったのは、私は仕事がとことん嫌いなんだと言うこと。

そこで、こんなことを言うと「好きでやってんじゃねーよ!」と怒られるかもだけど…

無職とかニートとか引きこもりとか、そんな人が羨ましくてしょうがない。

早くそう言う身分になりたいけど、仕事を辞めたら無収入になってしまい、お金の心配が付きまとう。

そして、毎日お金(貯金)が減るのを見ては、どうしようかと頭を抱えることになる。

結局、その手の不安に怯えず普通に暮らすには、働かなきゃならないってことだわな。

百歩譲って働くのは仕方ないにしても、もっと気楽にと言うか、精神的に楽に働けるところはないかと思ってしまう。

親ガチャ

最近たまに思うのは「親ガチャに成功していたら、どんな人生になっていたんだろう?」と言うこと。

そんなは考えるだけ無駄なんだけど、無駄とわかっていても考えてしまうことがある。

知り合いにその手の人がいて、超幸せそうに悠々自適の生活を送っている。

そんなのを見ると、自分の今の現実と照らし合わせてしまい、自分はなんて情けない人生なんだと思ってしまう。

そこを努力でカバーできれば良かったんだろうけど、ヘタレな私は努力することから超高速で逃げてしまった。

だから今の現状は、なるべくしてなった結果なんだと思う。

一人暮らし人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました