小学生のときの夏休みのことを思い出してしまった。

スポンサーリンク

夏休みの思い出

ネットを徘徊しているときに、朝顔(あさがお)の写真を見たら・・・

ふと小学生のときの夏休みのことを思い出してしまいました。

まず思い出したのは、夏休みの宿題というか自由研究のことで「朝顔の観察日記」を付けていたのを思い出しました。

それは、今日は茎が〇センチ伸びたとか、葉が〇センチ大きくなったとか・・・

また、つぼみができたとか、花が咲いたとか、そんなことを書いていた記憶があります。

そして最後に、観察した感想を書いて終了みたいな。

ラジオ体操の思い出

それ以外の夏休みの思い出といえば「朝のラジオ体操」ですね。

私の記憶が確かならば、ラジオ体操は6:30から始まるので、6時過ぎに起きて、ラジオ体操がやっている公園に行く。

そして、ラジオ体操が終わると、首から下げている用紙にハンコを押してもらう。

最終日に、ハンコが全て押されている皆勤賞の人は、ノートとか鉛筆とかお菓子がもらえる。

また、皆勤賞でなくても、8割以上ハンコが押されていると、ノートだけとか鉛筆だけになる。

おはスタとか近所の子供と遊んだこと

そして、ラジオ体操が終わり家に帰ると、朝食を食べて適当にテレビを見る。

テレビは、確か当時テレ東で「おはスタ」(おはようスタジオ)という番組がやっていて、7時過ぎぐらいから見ていた気がする。

そして、おはスタを見て8時を過ぎると、近所の子供たちと適当に集まって、遊ぶことになる。

遊びは、公園で野球をしたり、誰かの家でゲームをしたり、そんな感じでした。

そして、昼前に家に帰って昼飯を食べて、昼過ぎにまた近所の子供たちと集まって、17時ぐらいまで遊ぶことになる。

何の実りもない夏休みだった

それから、家に帰って夕食を食べてから、テレビを見たりゲームをしたりで・・・

そんなのが飽きると、やっと夏休みの宿題をやることになる。

それでも、勉強をしたくなかったり、眠かったりすると、宿題をせずに寝ていました。

そして、次の日を迎えるといった感じで、そんな夏休みを毎年送っていました。

それを今思えば、何の実りもない夏休みで、ダラダラと日々を過ごすだけで、無駄な毎日を送っていたと思います。

アラフィフ日記ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
元ダメ人間の灰色人生ブログ
タイトルとURLをコピーしました