映画「ちはやふる -結び-」を見て感動してしまいました。

スポンサーリンク

「ちはやふる -結び-」を見ました。

つい先日のことになるのですが、ずっと前から見たいと思っていた「ちはやふる -結び-」(映画)を見ました。

映画ちはやふるは、末次由紀氏による少女漫画で、その漫画を原作とした映画になります。

その内容は「競技かるた」を題材とした内容で、主人公の千早(ちはや)が、名人・クイーンを目指す映画になります。

少女漫画というと、女性向けの映画かと思うかもしれませんが、男性が見ても普通におもしろいと思います。

感動した!

そして、ちはやふる結びを実際に見た感想は、おもしろくて感動してしまいました。

また、ずっと見たいと思っていて、実際に見れて良かったと思いました。

ただ、私がちはやふるの映画のファンで好きだというのがあるので、人によっては詰まらないとなるかもしれません。

その辺は、人それぞれ好みの問題ですので、詰まらないと思うのは仕方がないと思います。

ちはやふるのファンです。

ちなみに、今回見たちはやふる「結び」は・・・

先に公開された二部作の「ちはやふる -上の句-」と「ちはやふる -下の句-」の「完結編」になります。

私は、上の句も下の句も見ているのですが、それぞれおもしろくて、初回の上の句を見たときに、おもしろいと思いハマってしまい・・・

それから上の句も下の句も、合計で3回見ています。私はそれだけちはやふるのファンだということです。

漫画の方は合わなかった。

ただし、漫画の方は絵が少女漫画タッチで、漫画の方もおもしろいかもと思い、試しに一巻を読んでみたのですが・・・

一巻の全てを読まずして途中でダメだと思い、それ以来読んでません。

映画の元々は少女漫画ですので、映画とは違い漫画の方は、女性向けになっているのかなと思いました。

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。