電子レンジの内部塗装が剥げてヤバイことになっとる!

スポンサーリンク

電子レンジの塗装がヤバイ!

自宅で使っている「電子レンジ」の話しで、最近食べ物を温めると上から「黒い物体」が降ってきます。

例えば、ご飯を電子レンジで温めて、温めが終わって電子レンジから取り出すと…

黒いカスみたいなのが、2個3個とご飯の上に落ちています。

そこで、その黒いそのカスを取り除いてから、ご飯を食べていたのですが、最近その頻度が非常に多くなっています。

そこで「これはどういうことだ!」と思って、ネットで調べてみました。

電子レンジには、内側に「耐熱塗料」(塗料)が塗られているらしく、それが数年経つと劣化して剥げてしまうそうです。

古い電子レンジ(2008年製)なので、それも致し方ないのかと。

汚く見えるけど…

うちで使っている電子レンジの内部の写真が以下になります。

こうして写真で見ると汚く見えますが、これでも定期的に清掃しています。

塗装が剥げてしまい、剥げたところに汚れが付くので、濡れタオルで軽く拭いた程度では、汚れが落ちることはありません。

そこでクレンザーなどを使えば、もしかしたらキレイになるのかもしれません。

しかし、クレンザーだと今以上に塗装が剥げてしまったり…

さらに、内部の金属などを傷める可能性があるので、水拭きぐらいしかできません。

貧乏性のサガ

汚れが付き月日が経ち溜まってしまうと、上写真のような汚れている感じになります。

さらに、塗装が剥げているのもあって、お世辞にも内部はキレイとはいえません。

そこで、新しい電子レンジを買おうと思うも、まだ使えるモノにお金を出すのは惜しい。貧乏性のサガというか何というか。

それでも良さげな電子レンジがあれば買おうと思い、ネットで検索してみたのですが…

コレといった電子レンジがなく、結局買わずに終わってしまいました。

例えば、良いと思う電子レンジを調べると、うちには置けない大きいサイズだったり…

コレと思う電子レンジがない!

安くて良いと思うと温めしかできなくて、食パンを焼いたりグリルなどの機能がなかったり…

また、色は「白」(ホワイト)が欲しいのですが、ブラックしかなかったり…

内部構造が、ターンテーブルではなくフラットが欲しいのに、良いと思う電子レンジがターンテーブルだったり…

そんな感じで「コレ!」と思う電子レンジがなくて、結局買わずに終了しました。

それでも妥協して買うこともできるのですが…

しかし、妥協すると買った後から失敗した!となりそうで、それは嫌だと思っています。

一人暮らし人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
元ダメ人間の灰色人生ブログ
タイトルとURLをコピーしました