出川は立場的に仕方がなかったと擁護する意味がわからん。

スポンサーリンク

マリエVS出川

今世間で話題になっている「マリエVS出川のセクハラ問題」について。

以下、マリエが言っていることが、全て本当のことだと仮定しての話し。

私には、出川さんのことを立場的に仕方がなかったと、擁護している人たちの気持ちが理解できない。

当時の情勢を考えれば、当然島田紳助さんには何も言えなかっただろうし、逆らうこともできなかっただろうと思う。

また、私が出川さんの立場だったとしても、同じような言動や行動をしていたと思う。

そう言ったことなどを踏まえて、出川さんがかわいそうとか、仕方がなかったよねとか、そんな意見が多いのだと思う。

許されない問題

しかしだ。逆らえなかったから、一緒になってセクハラしても良いのかと言われると、私は違うと思う。

例えば、主犯格の人にイジメを強要されたから、一緒になってイジメをした。

もっと極端なことを言えば、殺人を強要されたから人を殺した。

そして、主犯格じゃなかったから、それって許されるのかと言う話しで、もちろん許されるわけがないよね。

罪として大きい小さいはあるによ、主犯格じゃないからという理由で、コトが許されることはない。

イジメをされた人の気持ちは?殺された人の気持ちは?そっちの気持ちの方が大切というか重要だと思う。

心に一生残る傷

私が思うに、当時は仕方がなかったと擁護している人たちって…

出川さんのような立場になったことがある、なりそうになったことがある、もしくは実際にセクハラしていた人の意見なんだと思う。

だから当時なら仕方がなかったよねと擁護できるんだと思う。

私のことで言えば、私はイジメを受けたことがあるけど、イジメって一生心に残る傷だからね。今でもイジメたヤツの名前を覚えている。

それをして、15年前の話しだから仕方がないなんて、心に一生残る傷に何年経っているかなんて関係ない。

だから、やられた本人でなければわからない話しだし、マリエが許せないと言っている気持ちもわかる。

言いたくなる気持ちがわかる

セクハラを受けた本人からしたら、人気者の今の出川さんの姿を見ていたら、文句の一つも言いたくなるだろう。

そして、なぜ今になって言うのかとか、いまさら言うのかと言うけど…

SNSなどが普及して言いやすい今だからこそ、声を大にして言ったんだと思う。

仮に当時言ったとしても「小娘の戯言(たわごと)」で、世間からも誰からも見向きもされなかっただろう。

また、15年も前のことを未だに覚えていて恨んでいると言うことは、それだけ本人は大きく傷ついていたと言う話し。

それをして、出川さんは仕方なかったで擁護されるのは、私は違うと思う。

やってないんだから終わりでよくね?

ただし、事務所から本人はやってないとハッキリ表明しているのだから、CMやテレビなどを降板させる必要は全くないと思う。

むしろ降板させない方が私は良いと思う

だって、こういったことでいちいち降板させていたらキリがないというか、言ったもん勝ちになるだけでしょ。

それをして出川さんを叩くのは、いかがなものかと私は思う。

また、今回の件を今後話題にする必要はないと思うし、ましてや本人が記者会見する必要もないと思う。

ただ、外野からいろいろ言われてゴチャゴチャするのが嫌なら、記者会見を開いて潔白だと言うのも一つの方法だと思う。

身の丈暮らし人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
元ダメ人間の灰色人生ブログ
タイトルとURLをコピーしました