キャビンの高校時代

スポンサーリンク

普通科に進学

高校は、普通の高校に進む。いわゆる「普通科」というヤツです。

私は、勉強が大嫌いだったので、高卒で就職できる「工業高校」とか「商業高校」とかの進学も考えのですが・・・

しかし、大学に行くのが当たり前だと漠然と思っていたので、工業高校や商業高校には行かず、普通科に進学しました。

ただ、大学進学を考えるなら進学率が良い、私立の方が良かったのですが、両親にお金の負担は掛けたくなかったので・・・

結局、学費のことを考えて、私立には行きませんでした。

バイト三昧の日々

高校時代は、部活には入らず(途中で退部)、高1からバイト三昧の日々でした。

バイトは、新聞配達から始まり、コンビニ、宅急便、居酒屋など、ここでも今と変わらず、バイトを転々としていました。

そこで、授業中はバイトで疲れて寝ているか、適当に授業を聞き流していました。

そして、小・中学生時代と変わらず、勉強嫌いをずっと通していました。

バイトをした理由

私がバイトをした理由は、小遣いを稼ぐためで、高校時代はバイト三昧でした。

そこで、バイトでお金を稼いでいたので、お金で苦労した記憶がなく、両親から小遣いをもらった記憶もほぼないです。

小・中学生のときは、うちはそれほど貧乏だと思っていなかったのですが、中3ぐらいになってから、うちが貧乏なのを急に意識し始めました。

そのことで、高校は私立に行かなかったし、小遣いもほとんど貰いませんでした。それが何となく、良いことだと思っていました。

ダイエットに成功

高校生とバイトの二重生活をしていて、忙しくてご飯をあまり食べなくなり・・・

甘えていた中学時代に比べて、25キロ以上のダイエットに成功するも逆に痩せす過ぎて、健康診断のときに医者から怒られる。

そして、痩せて体型的にも容姿的にも若干マシになるも、残念なことに相変わらずの「根暗」で「ブサイク」は直りませんでした。

そんなことで、女性と会話することもなく、彼女がいることもなく、高校時代はバイト以外で、女性とまともに話した記憶がありません。

私の人生で一番輝いていた。

今思うと高校生のときが、人生で一番楽しかったし、輝いていたと思います。

特にバイトは楽しくて、バイト先の人はみんな良い人ばかりでした。

高校の3年間は、バイト三昧でしたが、バイトで怒られた記憶が全くありません。

そのぐらい、どのバイトも仕事がしやすい環境だったのだと思います。

それは、私が若いということで、みんな気楽に接してくれていたからだと思います。

高校時代が人生のピーク

ただ、学校自体に特に良い思い出はないです。

高校時代は、学校の時間は適当に流して、バイトを楽しむ日々を送っていました。

そして、高校時代が私の人生での中で、一番のピークだったと思います。

それは、高校を卒業して以来、仕事にしろ生活にしろ生きていて、心の底から楽しかったと思う記憶がほぼないからです。

URL:続きを読みたいという方は、ここをクリック!!

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

キャビンについて
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
元ダメ人間の灰色人生ブログ