泣ける映画紹介「風が吹くとき」ネタバレ注意

スポンサーリンク

映画「風が吹くとき」

風が吹くときの概要など

イギリスの作家、レイモンド・ブリッグズが、1982年に発表した漫画

核戦争に際した初老の夫婦を主人公にした作品

1986年にアニメーション映画化され、日本では1987年に公開された。

日本語版は監修を「大島渚」、主人公の声を「森繁久彌」と「加藤治子」が吹き替えている。

また、主題歌を「デヴィッド・ボウイ」が担当している。

あらすじ

老夫婦のジムとヒルダは、イギリスの片田舎で年金生活をおくっていた。

しかし、世界情勢は日に日に悪化の一途をたどっていく。

その後、戦争が勃発したことを知ったジムとヒルダは…

政府が発行したパンフレットに従い、保存食の用意やシェルターの作成といった、戦争の準備を始める。

そして突然ラジオから、3分後に核ミサイルが飛来すると告げられる。

その後、命からがらシェルターに逃げ込んだジムとヒルダは、爆発の被害をかろうじて避けられたが…

互いに励まし合いながらも放射線によって蝕まれ、次第に衰弱していく。

最後に

映画の内容は、戦争の恐怖を描いた作品で、最終的に泣ける映画というか、悲しい映画だと私は感じました。

そこで、悲しくて泣ける映画になると思います。

また、夫婦のやりとりがほんわかしていて、そういった意味では、ほのぼのとして見れる映画だとも思いました。

また、悲しい映画というのもありますが、いろいろ考えさせられる映画でもあると思います。

それは、人はいつどうなるかわならない、運悪く明日亡くなるかもしれないと。

そこで、今を精一杯生きるべきだと思うも、自分に甘い私は、いつも手を抜くことばかり考えてしまいます。

一人暮らし人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

映画
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
元ダメ人間の灰色人生ブログ
タイトルとURLをコピーしました