学生のとき家族で回転寿司に行っていたときの思い出

スポンサーリンク

回転寿司の思い出

youtube(ユーチューブ)で、最近よく大食い動画を見ています。

そこで、回転寿司の大食い動画を見ていて、思い出した学生のときの記憶があります。

その思い出とは、小学生の高学年とか中学生のときに、家族で回転寿司に行っていたときの思い出になります。

それは、私の誕生日とかのときに、家族で回転寿司に行っていたのですが…

回転寿司に行くといっても、一年に一度行くか行かないかのことで、たまにしか行っていませんでした。

そして、回転寿司に行くと思い出すのは、親に気を使って食べていたということです。

貧乏な家庭でした。

親に気を使うとは、うちはそれほどお金がある家庭でありませんでした。

むしろ、どちらかといえば貧乏な家庭でした。

そのことで、周りの友達とかに「引け目」を感じていました。

それは、貧乏なことで何か困ったことがあった。というわけではなかったのですが…

例えば、着ている服がダサかったり、自分の部屋がなかったり、持っている物が、誰かのお下がりだったりで…

そんなことで、周りの友達と自分を比べてしまい、引け目を感じていました。

親に気を使う子供

そんな貧乏な家庭だったので、無理して回転寿司など行こうものなら…

どれだけ寿司を食べるかで、親に気を使っていたということです。

学生なので食欲旺盛で、好きなだけ寿司を食べられるなら、普通に20皿ぐらいは食べられたと思います。

しかし、当時の回転寿司の一皿の値段は、確か150円ぐらいで種類によっては、200円とか300円の皿もあったと思います。

そこで、仮に安い寿司を10皿食べると、それだけで「1500円」になります。

そして、貧乏な我が家からしたら、1500円は大金だったと思います。

最後に

そこで、回転寿司に行くと親に気を使って、8皿とか多くても10皿ぐらい食べて、お腹が一杯だといっていました。

それを見て親は「好きなだけ食べなさい。」といってくれてましたが…

まさか、20皿とかそれ以上食べるわけにもいかず、一番安い皿だけを食べる感じでした。

それは、何とも悲しい思い出だと思いますが、当時は回転寿司に行くというだけで、嬉しかったので…

それはそれで、良い思い出になっています。

一人暮らし人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました