遅ればせながらテレビ版カイジを見た感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

テレビ版カイジ

遅ればせながら、年末にTBSで放送された「人生逆転バトル カイジ」を見ました。

URL:人生逆転バトル カイジ

まずカイジとは、福本伸行さんによる一連の漫画作品になります。

そのストーリーは、友人の借金の保証人になったことで、多額の負債を抱えたカイジ(伊藤開司)が、借金を返済するために、様々な危険なギャンブルに挑んで行く物語です。

また、主人公のカイジは、自堕落な日々を過ごしているダメ人間ですが、危機迫る極限の状態に置かれると、並外れた度胸と才能を発揮するキャラとなっています。

私の事前予想は「詰まらない」

そして、テレビ版カイジを見る前に思った、私の勝手な事前予想としては・・・

マンガを映画やテレビなどで「実写版」(リメイク)にすると、詰まらなくなるというかコケるのが大抵ですので、今回もそのパターンだと思っていました。

ですので、マンガで人気があるからと無理に実写版などにせず、むしろマンガはマンガのままで、続ければ良いと私は基本的に思っています。

そして、実際にテレビ版カイジをテレビで見ると・・・

実際に見て感じたこと

最初の鉄骨渡りで、真ん中の箱(ボックス)に入った人は、圧倒的に不利で不公平

地下強制労働施設の仕事は楽で、簡単に食べ物や布団などにありつける状態なのは、マンガに比べるとかなり緩いと感じた。

出演者の借金について、真面目に働けばすぐにでも返せそうな額にも関わらず、生活が辛いとか苦しいなど無駄な演出が多かった。

全出演者の約半分が、芸人や過去にテレビ出演したことがある人で、全くの素人で固めた方がマンガ感に近くなると感じました。

最後に

上記に何だかんだといろいろ感想を書きましたが、全体を通して見ると、思った以上に面白く見ることができました。

そして、今まで堕落した生活を続けていた出演者が、この番組を通じて一人でも良い方向へと変われば、この番組は成功だったのかなと思います。

また世の中には、借金で苦しんでいる人が多くいると思いますので、この番組がそういった人たちの人生復活の手助け的な感じになれば良いと感じました。

ですので、テレビ版カイジを今後も続けて欲しいと思いました。

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!