スーパーの営業時間変更で見切り品が買えず大打撃かも!

スポンサーリンク

スーパーの営業時間が突然変更

数日前のことになるのですが、行きつけのスーパーに行ったところ、営業時間が突然変更されていました。

ちなみにそのスーパーの営業時間は、通常なら朝10時から24時まで営業しているのですが…

営業時間が変わってしまい、朝10時から22時に変更になっていました。

なぜ突然営業時間が変更されたのか?

それは、新型コロナウイルスの影響で、営業時間を短縮しました。と、出入り口のドアに書いてありました。

そして、私がそのスーパーに行く時間は、大抵「22時前」に行きます。

見切り品とは

その理由は「見切り品」を買うためで、そのスーパーでは、22時前に見切り品のシールを貼るからです。

それがあって見切り品を買うのに、22時前に行くことにしています。

ちなみに見切り品とは、通常の価格より値段を下げて売られてている、売れ残りの商品のことになります。

そして見切り品になると、下写真のようなシールが貼られることになります。

見切り品で節約

そして見切り品になると、通常の価格よりも2割引とか3割引とか、もしくは半額になることも多くあります。

ということは、それだけ商品を安く買うことができるということです。

そして、見切り品を買うことで、結構な節約ができます。

例えば、398円の弁当が半額なら「199円」で買えますので…

それを税込で考えると「200円以上」も安くなりますので、節約を考えるなら利用しない手はないと思います。

そう思って、そのスーパーに行くときは大抵見切り品を狙って、買い物に行っていました。

家計に大打撃かも!

その見切り品が営業時間が変わったことで、買えなくなる可能性があります。

それは上記にも書いたように、見切り品のシールが貼られるのは、22時前になるからです。

それが、営業時間が22時に変更されたことで、22時前に買えていた見切り品が、買えなくなる可能性があるということです。

ただし、もしかしたら営業時間が変更されたことで…

見切り品のシールを貼る時間も変更になる可能性があり、その辺はこれから調べてみないと何ともいえません。

ということで、もし見切り品が買えなくなったら、私の家計にとっては大打撃になります。

一人暮らし人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました