チャンスはいつ何時でも転がっているけどそれを活かすのは難しい。

スポンサーリンク

情けない私

人生の岐路を誤らずに、その時々で少しだけ努力していれば、それなりの人生を歩めるチャンスはあったはず。

それなのに、私はそのチャンスをことごとく捨てて、生きてきてしまった。

そして、チャンスを捨ててきた結果が、ブログで不平不満を書くことぐらいしかできないでいる、モヤモヤした生活を送っている、今の私と言うこと。

そんな自分のことを「情けない」と思いながら、毎日を生きています。

捨てたチャンスとは

まずは、高校受験、次に大学受験、次に新卒での就職、次に転職、さらに転職と、人生を変えるチャンスはいくらでもあった。

大学受験のときは、もっと勉強して上位の大学に入るか、もしくは、医療系とかに進んでいればと思うことがある。

新卒の就職のときも、無理して見栄を張ってITなど行かずに、バイトしていて誘われた郵便局に素直に行くか・・・

親の知り合いのコネを使って、某新聞社に行くこともできたし、何度も誘いがあった、誰もが知っている某最大手の警備会社に行くこともできた。

進むべき道はいろいろとあったはずなのに、なぜか見栄を張ってITを選んでしまい、完全に判断を見誤った感が強い。

後悔ばかりの人生

その後の転職も、ビルメンになったのも間違いだったし、何もかもが間違いだらけだった。

そんなことを言ってみたところで、いまさらでタラレバの話しでしかない。

ただ、人生など後悔の連続で「自分の人生に後悔していない」など言っている人は、私から言わせてもらえば、嘘っぱちだと思っている。

むしろ、後悔があるからこそ人生で、その後悔を正すことで、その後の人生をより良く生きられると思っている。

後悔先に立たず

しかし、私の場合は後悔するだけで、その後悔をその後の人生に活かそうとしていない。

むしろ、人生に後悔するぐらいなら、人生どうにかなるさ的な感じで、何とかなると思い適当に生きてきてしまった。

だから、今の糞みたいな人生になってしまったわけで、だからと言っていまさらどうしようもないことで、俗に言う「後悔先に立たず」と言うことです。

というか、どうすれば今の人生がより良くなるのか、術(すべ)がわからない。

努力不足だったと思う。

今までの私の人生は、自分で選んだことなので、全てにおいて自分の責任(自己責任)なんだろうけど、運が悪かった部分もあると思っている。

だからいつも思うのは、もう少しだけ運さえ良ければ、人生が良い方へ変わっていたかもしれない。と思うことがある。

ただ、運が良かったにせよ悪かったにせよ、今までの人生において、絶対的に私の努力不足だったことは否めないと思っている。

だからといって、今からどう努力すれば良いのか、それはわからない。

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

ダメ人間
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
元ダメ人間の灰色人生ブログ