包丁で指を深く切って大流血してしまった。

スポンサーリンク

包丁で指を切る。

数日前のことになるのですが、食器類を洗っているときに、包丁を洗っていたのですが…

包丁に固い汚れがこびり付いていたので、結構な力で強く洗っていました。

そのとき洗剤でスルっと手が滑ってしまい、気付いたときには包丁で指を切っていました。

切った瞬間は、大したことないだろうと思ったのですが…

その後、切った指を見ると血まみれになっていて、大流血していました。

さらにその後、ジンジンと指が痛くなりました。

血が止まらない!

血を見て「ヤバ!」と思って、速攻でティッシュで切れた指を押さえたのですが…

血が噴き出してしまい、ティッシュを何度変えても血が止まらない。

結局、血が噴き出してはティッシュを変えを繰り返し、30分後ぐらいにようやく血が止まりました。

血が止まったので、絆創膏(ばんそうこう)で止血しました。

大きく皮がめくれる

上写真を見ると大したことなさそうに見えますが、血が止まった状態なので、大したことないように見えるだけ。

指の皮が大きくめくれてしまい、それを例えると…

リンゴの皮をむいたときの状態で、皮と実が見えるみたいな。(例え下手で分かりにくいかな?)

そして、指を切ったときも大変だったのですが、その後の方が大変でした。

切ったのが右の人差し指だったので、何をするにも傷に触れてしまい、服を着るとき、靴を履くとき、料理を作るときなど。

傷に触れると止血したところが開いてしまい、出血してはティッシュで止血して、また絆創膏を貼るの繰り返しでした。

最後に

最終的に絆創膏を10回ぐらい取り換えたかな。切ってから3~4日ぐらい傷口が痛かったです。

ですので、包丁で指を切ったときよりも、その後のケアの方が大変でした。

私は包丁を洗っているときに不注意で、たまにというか数年に一度ぐらいのペースで、指を切ってしまうときがあります。

それでも今回ほど流血したことはなく…

包丁を洗うときは、丁寧と言うか慎重に洗わないといけないなと、今回のことで実感させられました。

一人暮らし人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

病気・薬
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
元ダメ人間の灰色人生ブログ
タイトルとURLをコピーしました