昨日の続きで上司にメッチャ怒られた話し

スポンサーリンク

正社員登用をお断り

昨日の宣言した通り、今日、上司に「正社員登用」の件を断りました。

すると・・・

上司との会話

上司「どうして断るんだ?」
自分「夜勤のリーダーと意見が合いませんので」

上司「こんなチャンス滅多にないんだぞ!」
自分「日勤に異動した原因がリーダーですので」

上司「そうか、そこまで言うなら仕方ないな」
上司「ただし、もうこんな誘いはないからな!」
上司「せっかく俺が推薦した話しだったのに!」
上司「俺の行為を無にするんだな?」

自分「スイマセン」
自分「日勤に異動した経緯を知ってますよね?」
自分「また無駄に揉めてるのとか嫌ですので」

上司「じゃあ、契約社員のままでいいのか?」
上司「年齢的に無理するなら今じゃないのか?」
上司「このままじゃお前何も変わらんぞ!」

自分「確かに言うことはわかります。」
自分「ただ、揉めてまた辞めるの話しは嫌です」

上司「そっか、これ以上無理だな」
上司「お前に期待した俺が間違ってたよ!」

無理なものは無理

確かに上司の言うこともわかる。俺みたいなアホに期待してくれてありがたいとも思う。

ただ、正社員の話しは、別に俺のことを評価したんじゃなくて、単に夜勤に欠員が出て、それで回って来た話しなのは事前に聞いて知っていたこと。

それと、その夜勤の欠員の原因ってのが、俺と敵対しているリーダーが原因なんだわ。要は、俺と交戦したときのリーダーは、今も何も変わっていないってこと。

そんな状態のところに、正社員になったとホイホイと出向けば、そのリーダーとまた揉めるのは目に見えていて、今度こそ本当に仕事を辞めなければならない状態になるのは明白

上司にはスマナイと思っている

せめて糞リーダーさえいなければ、夜勤に行くことも考えなくはないんだけど、糞リーダーがいる限り、夜勤に異動とか絶対に無理な話しで、どうしてもと言うなら辞めるしかないと思っている。

正社員で夜勤に行けば、糞リーダの直下の部下と言う形になるので、仕事のほとんどをそのリーダーに頼らなければならずで、そんなのは絶対に無理な話し。

今回は、上司の顔を立てたいとは思っていたけど無理な話しで、世話になっている上司にはスマナイと思っている。

スポンサーリンク