女性専用車輛の意味が全くわからないんだが

スポンサーリンク

男性専用車輛を作れ!

以前の古いブログ「僕はもういいんです。」で、一度書いたような気がするんだけど・・・

「女性専用車輛の意味が全くわからない。」と言うのは、女性専用車輛のことを批判しているのではなくて、なぜ女性専用車輛があるのに「男性専用車輛」がないのか?ってこと。

男性専用車輛があったら

もし男性専用車輛があったら、自分だったら絶対にそっちの方に乗るわ。だって、痴漢に間違われて誤認逮捕とかされたら絶対に嫌だから。もし痴漢に間違われたら最悪人生終了するぐらい酷いことになるからね。

たとえその痴漢が誤認逮捕だったとしても、両親や兄弟に迷惑が掛かるし、近所からは白い目で見られるし、会社は辞めなきゃならないし、親戚とかに噂が広まるだろうし、何より有罪になって犯罪者になるのが嫌、そんなことになるぐらいなら迷わず男性専用車輛に乗るわ。

それでもボクはやってない。

映画「それでもボクはやってない。」とは?

フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、通勤ラッシュの電車で女子中学生から「痴漢したでしょ」と訴えられてしまう。まったく身に覚えのない金子は、話せば分かってもらえると思い、大人しく駅の事務室に行った。

しかし、「ボクはやってない!」という訴えもむなしく、そのまま警察に連行されてしまう。その日から、留置所暮らしを余儀なくされた金子の無実を訴える戦いが始まるストーリー

無罪になる確率は1%

そんな「それでもボクはやってない。」の映画を見ると、痴漢の誤認逮捕がいかに無罪になりにくいのか有罪判決を受ける確率が高いのかがわかります。

ちなみに、痴漢の誤認逮捕で裁判を起こして無罪になる確率は「約1%」(99%は有罪)と言われています。

最後に

世の中では、男女平等を唱えられているけど、その平等とはほど遠い状況

そんな自分は、通勤ラッシュ時は、棒などに捕まって極力両手を上げた状態を面倒だけど保つようにしています。それは痴漢に間違われないようにするためです。

スポンサーリンク