最初で最後の女性と2人きりのスキー旅行IN苗場 その2

スポンサーリンク

やっとスキー場に行く

午後になってようやく寝ていた彼女が起きる。その後、時間もないのですぐに着替えてスキー場に行くことになる。

しかし、彼女はスキー上級者、自分は滑るのがやっとの初心者、こんな感じだったので、自分のことを待ちながら滑ってくれていた彼女が、サクサク滑れないことでイラつき出す。

仕舞いには「遅いから先に行ってもいい?」といわれる始末、結局、一緒に滑ったのは2時間程度で、あとは別々に滑ることになる。何のために一緒にスキーに来たんだか・・・

2人で来たのに1人で休憩

その後、レントランの前で合流してお茶を飲みながら一服する。一服後、彼女からの提案で、また別々に滑ることになる。

しかし、1人で滑っていても詰まらないし疲れたので宿に戻って少し休むことにする。別行動の彼女とは連絡が取れかったので、黙って自分1人だけで保養所に帰り休憩

その後、スキー場で彼女と合流するも、彼女の様子がおかしい。イライラしてる彼女から強い口調でいわれる。

女性とケンカをする。

女性「今までどこ行ってたの?探したんだけど!」
自分「疲れたから少し宿で休んでたんだけど・・・」

女性「何で勝手に休むとかするの?信じられない!」
自分「別行動といったのはキミだよね?」
自分「別行動なのに休んで何が悪いの?」

彼女「一緒に来てるんだから、休むならひと声掛けるのが普通でしょ?」
自分「声掛けようにも別行動してたら無理でしょ?」
自分「それと休む前に一応声を掛けようと必死に探したから!」
彼女「・・・」

結局、後から彼女に「いい過ぎました。ごめんなさい。」と謝られました。

最後に

その後、一緒にご飯を食べて、お風呂に入って、就寝、そんな感じで、特に何事もなくその日は終了しました。

翌日、お互い少し遅めに起きて、スキーはどうする?の話しになって、昨日の件で懲りたのかスキーは止めようとの話しになり、せっかくスキーに来たのに、その日は全くスキーをすることもなく帰路に着きました。

ダメ人間人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク