人生において逃げ道を作るべきか?作らざるべきか?難しい問題

スポンサーリンク

逃げ道と転職癖

自分は、人生において常に逃げ道を作り生きて来た。

SEをやっていたときは、ずっとこの仕事を続けるのは無理だと悟り、ビルメンへシフトチェンジするためSEをやりながら資格を取っていた。

ビルメンを辞めたときも、その逃げ道としてやりたい仕事ではなく、取り合えず就職しやすく楽そうな仕事という理由だけで資格を活かせる仕事に逃げた。

自分の人生におて常に逃げ道を作り、楽な方へ楽な方へと逃げ込むことで、楽な仕事を選択することで安心している自分がいた。

しかし、楽な方へ逃げ込めば逃げ込むほど、過去にしていた辛い仕事ができなくなり、さらに楽な方へと逃げ込むようになる。これが俗にいう、一度転職すると癖になるという「転職癖」というヤツです。

自分には、もっと良い仕事があるのでは?合っている仕事があるのでは?楽な仕事があるのでは?そう思いながら何度も転職を重ねて来た。

情けない今の自分

その結果が40歳を過ぎているのに、手取り15万の糞仕事をしている自分ということになる。本当に情けない。

こんな惨めな姿を同級生に見せることはできない。当然、同窓会に行ったこともなければ、同級生に会うこともほとんどない。また、親戚などに仕事のことなどを聞かれても、その仕事の詳しい内容や給料などについては、いつもぼかして話している。

自分の場合、常に逃げ道を作ることで、逃げられるとの安心感から嫌なことがあるとすぐにその逃げ道へ逃げ込んだ。

今思うと、自分のような自分に甘いダメ人間は、逃げ道など作らない方が良かったんだと思う。それは、自分のことをダメ人間だと思っているような人間は、逃げ道を作ればその逃げ道に逃げることばかりを考えてしまうから。

最後に

逆に、勉強でも仕事でもそれなりに成果を出せた人は、逃げ道を作ったとしても、その逃げ道には逃げずにやって行くか、もしくは、逃げ道に逃げたとしても、その先で上手くやって行くことは、十分可能なんだと思う。

そう考えると、逃げ道を作る作らないについては、本人の性格というか能力というか、その如何で作る作らないを決めた方が良いんだろうな?

ふっと「自分は、逃げ道を作って人生に失敗しなたな~」なんて思って、そんなことを思ったついでに記事にしてみました。

こうやって改めて自分のことを見直してみると、本当に情けない人生を送っていると思う。

ダメ人間人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

スポンサーリンク