郵便局員にならなかったことが全てにおいて終わっていた?

スポンサーリンク

昨日の話しの続き

昨日の話しの続きになります。

URL:資格を取れば人生どうにかなるなんて甘いわ!

今まで仕事をしてきた中で、一番自分に合っていたと思っている仕事

それは「郵便局員」です。

後悔先に立たず

その郵便局の仕事は、正社員ではなく学生のときにバイトで3年ぐらいやったのかな?その3年間は、特に苦もなくというか気持的にも精神的にも楽に仕事を続けられました。

確かにバイトだから楽だったというのもあるかもしれませんが・・・

ただ、近くで社員の仕事ぶりを見ていたので、仕事内容は大よそ理解していたつもりです。

その上で、郵便局が良かったとの話し

糞なプライド

未だに、学生時代に郵便局の社員の誘いを断ったことを後悔している。

当時は、郵便局格下みたいな辺なプライドがあった。

それと、大学を卒業したらIT系に行きたいと思っていたので断ってしまった。

ただ、IT系に行けば人生順風満帆だとは思ってはいなかったかな?

IT系は常に勉強との戦い

IT系に進んだのは、当時は最先端の仕事だったし、IT系=横文字でカッコ良い仕事だと思っていたし、IT系のスキルさえ身に付ければ食いっぱぐれはないと思っていたから。

しかし、実際IT系で働いてみると、毎年のように新しいソフトが販売されたりバージョンアップに対応したり、言語だって数年置きに違う言語が出てで、とにかく常に勉強をしていないとスキルが枯渇するみたいな感じだった。

本当に「IT系が好きだ!」とか「IT系の仕事が合っている!」という人なら、そんな毎年変わるソフトにしたって言語にしたって対応できたんだろうけど、仕事嫌いで勉強嫌いの自分には対応しきれなかったという話し。

結局、自分にはIT系は合わなかったんだろな。

最後に

ということで、何の能力もない平凡以下の自分が、1日でも長く仕事を続けるには、黙々と黙って単純作業を続けるような仕事=郵便局が合っていたんだろうなと思っている。

まあ、いまさらこんなことを後悔したところで始まらないんだけど、昨日、適職云々の話しを書いたので、思うところがあって続けて適職というか仕事のことを書いてみました。

たった1つの選択ミスで、人生は大きく変わってしまう。人生って難しいな。

ダメ人間人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク