ヤマザキパンの深夜バイトで月32万も稼げるってマジかよ!

スポンサーリンク

嘘のような本当の話し?

数日前にネットを徘徊していたところ、とある記事を見つけました。

その記事は、ヤマザキパンのバイトを辞めたんだけど、バイトを辞めた後もしつこく定期的に誘いが来るというもので・・・

その誘いで提示されている時給は、なんと「1500円」(深夜)だという。

そこで思ったのは、バイトの身分なのに契約社員の俺の給与より「メッチャ高いやんけ!」ということでした。

月給32万のヤマザキパンのバイト

時給1500円ということは、その給与を計算すると「時給1500円×8時間×月21日(労働日)」=「252000円」ということになります。

さらに、不定期で残業が「月40時間前後」あるということで、その残業代を計算すると「時給1500円×40時間」=「60000円」ということになります。

そして、両方を合計すると「約32万円」ということで、バイトで月32万も稼げるとか、素直に凄いと思ってしまいました。

しかし、時給が高い分、深夜に働くとか実際の仕事自体も大変なんだろうな。

ネットで真偽を検索したところ・・・

そこで、一応真偽を確かめようと思いネットを使い、ヤバザキパンのバイトが実際にあるのかと、その時給を検索したところ・・・

その手のバイトの案件がたくさん出てきて、働く場所によって時給が多少前後するのですが、一番高いところの時給は「1250円」(深夜22:00~翌5:00)でした。

その1250円の時給は、あくまでも私が調べた限りですが・・・

ということで、上記の時給1500円の記事の真偽は不明ですが、それでも時給1250円で働けるなら俺の給料より高いわ!w

最後に

こういった記事を読む度にへこまされています、それは、自分の安過ぎる給与(月手取り15万)のことを考えてしまうからです。

そこで思うのは、安い給与を思って、やはり転職すべきなのかなということです。しかし、40歳も超えたこの歳になって、転職して失敗したらと思うと一歩先に進む勇気が出ない。

なら「給与が安いとか文句いうなよ!」といわれそうですが、それがわかっていても、ついつい安過ぎる給与に文句が出てしまいます。

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク