古いWindowsXPのPCの電源が入らなくなってしまった!

スポンサーリンク

WindowsXPのPCの電源が入らない!

うちには、3台のディスクトップパソコンがあるのですが、そのうち一番古いのがWindowsXPのPCなります。

そして、もう何年も全く使っていないので、いい加減に捨ててしまおうと思い、ついこの間なのですが、久しぶりに電源を入れたところ・・・

電源が入らなくなってしまっていた。これには参ったよ。

データを取り出せないやん!

それは、WindowsXPのPCの中に、必要な古いデータが入っていて、PCを捨てる前にそのデータを取り出せばいいやと思って、データを取り出さずにそのままにしていたから。

そして、電源が入らないことには、そのデータを取り出すことはできない。

そこで、PCのフタを開けて、線やコネクターが外れていないかとか、線が断線していないかなど、いろいろと調べてみたのですが・・・

しかし、電源が入らない原因はわからずで不明でした。

IDEのHDとかいまさらだな。

そこで、仕方がないので、古いPCからHD(ハードディスク)を取り出して、別のPCに繋いでと思ったのですが・・・

しかし、古いHDなので、仕様が「IDE」(古い規格のハードディスク)だったことをすっかり忘れていた。

今どき、IDEのHDを積んだPCなど存在せず、いまさら古いPCからHDを取り出したところで、別のPCに接続できるはずもなかったことに気付く。

そこで、どうしよかと考えたんだけど・・・・

変換器を買ったよ!

そこで、いろいろネットで調べていると、IDEのHDをUSBで接続できるようにする「変換機」(名前が不明なので適当)があって、それをアマゾンで買うことにした。

その値段は、千円を少し超えるぐらいの安いものなので、まあ、それを買ったところで金銭的なダメージは少ない。むしろ、データを取り出せない方が大ダメージとなる。

たださ、もっと早くにデータを取り出していれば、こんな面倒なことにはならなかったと後悔したよ。無駄にお金と時間を消費してしまった。

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク