母からの電話が辛すぎるダメ息子で本当にゴメンナサイ

スポンサーリンク

心配した母からの電話

たまに母が心配して、3~4ヵ月に1度ぐらいのペースで電話を掛けて来てくる。そして昨日ですが、母から電話があり、その内容は・・・

「仕事はどうなの?」
「体は大丈夫なの?」
「ちゃんと生活できてる?」
「困っていることはない?」

そんな些細というか、ありきたりの内容の電話でした。

本当のことをいえないでいる。

母が心配して、電話を掛けて来てくれるのは、本当にありがたいことだと思います。

しかし、正直な話しをすると、なんて返したらいいのかわからなくて、嘘までとはいわないけど、心配しないようなことをいって、いつも誤魔化しています。

それは例えば、仕事のことを聞かれても、順調でなくても心配させないために順調だと答えるしかなく、そんな中途半端な受け答えしかできないでいる。

さらに、安い給与で働いていることや、社員で働いてはいるけど「契約」社員だとはいってないというか、心配するのでとてもいえない。

電話を切った後の落ち込みが半端ない。

だから、母が心配して電話を掛けてくれるのは、凄くありがたいことなんだけど、電話を切った後に、凄く落ち込むことになる。

それは、上記に書いたように、今の現実を正直に全て話してはいないので、後ろめたい気落ちがあり落ち込むことになる。

そして、40代にもなって、今まで彼女の1人たりとも親に紹介したことなんてないし、ましてや結婚することも孫の顔も見せてあげることもできていない。

そんなことを考えると、自分がどんなに親不幸なことをしてるのかと思い、そしてさらに落ち込むことになる。

ダメな息子で本当に申し訳ない。

そこで、せめてもの親孝行と思って、たまに親にお小遣いをあげたり、贈り物を送ったりしてるんだけど・・・

しかし、そんなのは「焼け石に水」で、両親への最大の親孝行は、多分「孫の顔を見せること」なんだと思う。しかし、こんなぶざまな俺では一生掛かっても無理な話し。

どうしてこんな糞人生になっちまったんだろうな?人生を修正できる場面はたくさんあったのに、その全てから逃げた結果が今の現実で・・・

後は、消化試合の人生を送るのみの糞人生とか、両親には、ダメな息子で本当に申し訳ないと思っている。

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク