ネカフェ巡りの旅(東京編) その1

スポンサーリンク

ネカフェ巡りの旅 初日

一時、ネカフェに凄くはまっていた時期があって、あるときに「ネカフェ巡りの旅」をやったらおもしろいのでは?と思って、3泊4日でネカフェ巡りの旅をやったことがある。

取り合えず、ネカフェが多い「東京」に行くことに、そして、その東京でも中心の「東京駅」に行こうと思い、気の向くまま思いのまま電車に乗って東京駅へ向かう。

そして、夜に東京駅に着いたので観光とかはせずに、そのままネカフェを探しに行く。

東京のネカフェは高い!

東京駅を出て、すぐにネカフェは見つかった。けど、料金が高い!

12時間利用で、確か3,000円以上はしたと思う。さすが日本一物価が高い東京!

3,000円以上も出すなら、東京でも少し離れた下町とかに行けば、もう少し出せばカプセルホテルとか安宿に泊まれるやん!と思ったけど、普通に宿とかに泊まったらネカフェ巡りの旅にはならないわけで・・・

結局、料金は高いけど今から移動するのも面倒と思い、今日はその東京駅近くのネカフェに泊まることにする。店内は、思ったよりも綺麗で、気持ちよく泊まれたのを今でも鮮明に覚えている。

ネカフェ巡りの旅 2日目

朝7時前に起きて、次に行く場所を決める。

どうしようかと迷ったけど、特に行きたいとこもなかったので、パッと浮かんだ「秋葉原」に思い付きで行くことにする。

それと、風呂に入っていなかったので、風呂にも入りたいと思うも、秋葉原に銭湯はあるのか?まさかないやろ?と思ったけど、検索したらあった。「安心お宿」というところ。

銭湯とは少し違うけど、カプセルホテルにある風呂で24時間チェックインが可能、朝から行けるからここでええやん!ラッキー!!と思うも、料金が3時間で2,000円とか高いわ!東京は何をするにも金が掛かる。でも、仕方がないのでそこに行くことにする。

アキバの銭湯へ行く!

そして、8時過ぎにネカフェを出る。

東京駅に着くと凄い人ごみ、平日の8時過ぎだから通勤ラッシュの時間とぶつかってしまい、これだから都心は嫌だわ。

山手線に乗って満員電車に揺られ秋葉原へ、そして、そこから事前に調べておいたカプセルホテルに行くことにする。

そのカプセルホテル内は、そこそこ綺麗で自分が大好きなサウナとかもあり、休憩3時間ギリギリまで銭湯を楽しみ、そして、そのカプセルホテルを13時に後にする。

URL:他の旅行記事を読みたい方はここをクリック!

ダメ人間人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク