自分は自分で他人になれるはずもないのに嫉妬してしまう!

スポンサーリンク

他人に嫉妬してしまう自分

自分は、他人のことを羨(うらやむ)むというか嫉妬してしまうことが多い。

例えば、今でこそ安定して収入を得られる「公務員」は、仕事としてある意味最強などといわれていますが・・・

しかし、自分が高校を卒業するときは、公務員になる人の多くは、学力不足で大学に行けないとか、勉強が嫌いだとか、親のススメでとかで公務員になる人が多かった。

要は、大学や専門などに行く気がなく、高卒で仕事に就きたいけど、特にやりたい仕事もないといった人が公務員になっていました。

結局、人生なんて運ゲーじゃん!

そんな現状があるので、凄く言葉悪いですが・・・

高卒で公務員になった同世代を見て、たまたま高卒で公務員になっただけで、公務員最強とかいわれても、別にお前が凄かったわけじゃねーじゃん!

結局、世の中なんて人生なんて「運ゲー」(運だけで勝ち上がるゲームのこと)じゃねえかよ!と思ってしまうところもあります。

あくまでも、斜め目線で見た場合の話しですが・・・

いまさら公務員になれるわけじゃねえし!

と、そんなことを思って見ても、いまさら公務員になれるわけでもないので、全く意味のないことなんだけど・・・

しかし、そうは思っていても、公務員になったら一生安泰なんだろうな?と思ってしまう。要は、嫉妬しているということです。

そして、自分は自分だし他人は他人だと頭では理解しているのですが、運だけでのし上がった人を見て嫉妬してしまう自分がいます。

逆に、運だけではなく、努力でのし上がった人を見ると、素直に尊敬してしまう。

そんな人生は無茶苦茶!?

結局、嫉妬なんてしようと思えばいくらでもできてしまうわけで、嫉妬なんてしていたらキリがないことになる。

それは、上記の公務員の話しだけでなく、親が金持ちとか、先祖代々からの土地持ちとか、ど
こぞの有名な御曹司の家に生まれたとか・・・

そして、生まれながらにして人生が決まってしまうとか、ちょっとした運のあるなし人生が大きくかわってしまうとか、そんなの無茶苦茶だろと思ってしまう。

しかし、無茶苦茶だと思って見たところで、それが現実なんだよな。

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク