ウォーキングをして年齢の増加と共に体力が衰えたと実感した。

スポンサーリンク

ナイトウォーキングをする。

日曜日の夜に、少し暇な時間ができたので、気分転換とダイエット、健康や体力作りのことを考えて、ウォーキングをしたのですが・・・

まず、22時頃に自宅を出発して適当に歩き出す。特に、行く場所とかは決めていない。

そのウォーキングのペースとしては、ダラダラ歩いても仕方がないと思い、少し早目のペースで歩きました。

そして、ウォーキングの出だしは好調で、特に足が痛いとかどこかが痛いとかは全くなく、快調に飛ばしていました。

右の肺の下のが急に痛み出す!

しかし、歩いてから15分もすると、足は全く痛くなかったのですが、右の肺の下の部分(肝臓?)が、急に痛くなってきて・・・

歩いているので、足が痛くなるならわかるんだけど、肺の下の部分が痛くなるって何だ?と思いながらも、休むことなくウォーキングを続行する。

そんなことを考えていると、徐々に肺の下の部分の痛みが強くなってきて、歩くのが辛くなるぐらいに痛み出す。

それでも、歩いていれば治るだろ?ぐらいに思って、止まることなく歩いていたんだけど、歩けば歩くほど痛みが強くなっていきました。

休み休みウォーキングを継続する。

そこで、これ以上歩くのは無理!と思い、タイミング良く近くにバス停のイスがあったので、そのイスに座り5分ばかし休憩していると多少痛みが治まりました。

そして、痛みが治まったのでまた歩き出すと、数分後にまた同じところが痛くなって・・・

あまりにも痛くて歩くのが辛いので、歩いて痛くなると立ち止まって1分ぐらい休んで、また歩いて痛くなると1分ぐらい休んでを繰り返して・・・

そして、イスなど座れる場所があると、そこに座って3~5分休んでを繰り返し、ようやく自宅に帰ることができました。

定期的に続けてやらないとダメ!?

足ったの1時間程度のウォーキングをするのに、ここまで体が痛くなったのは初めての経験で、ウォーキングがこれほど過酷ものになったのは初めてでした。

そして、ウォーキングをして思ったのは、年齢の増加と共に体力が衰えているな!と、実感するウォーキングとなってしまいました。

ウォーキングも単発では意味はなく、定期的に続けてやらないと、今回のように体のどこかが痛くなるとかでダメだなと感じました。

そこで、今週も土曜日か日曜日に、もし少しでも時間が取れるようなら、またウォーキングをしようかと思っています。

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク