煙草を吸わなければベンツが買えたのですよ!というコピペ

スポンサーリンク

煙草を吸わなければベンツが買える!?

知らない人も多いと思いますが「煙草を吸わなければあのベンツぐらい買えたのですよ!」という有名なコピペ(コピーペースト)がある。

それは、煙草を吸う人に向けての言葉で、あなたが今吸っている煙草のために、ベンツが買えるぐらいのお金をドブに捨てているのですよ!という意味です。

計算的には、煙草1日1箱420円×365日×60年(寿命80歳)=約1000万

ということで、その1000万があればベンツのランク(クラス)にもよると思いますが、並程度ベンツが買えますよ!ということです。

煙草は損しかない!?

そして、煙草を吸うことは、お金をドブに捨てるだけではなく、その他のデメリットというか損も多くあるといわれています。

それはまず、煙草を継続的に吸えば健康を害したり、ときには副流煙などで周りに迷惑を掛けたりすることもあると思います。

要は、煙草を吸わない人からすれば、煙草なんて吸っても何の得もなく、むしろ損(害)しかないように思えるということです。

しかし、煙草を吸うことで得られることもあると思います。

煙草を吸うことで得られる利(利点)

それは、口下手の私にとっては「間」を埋めてくれる道具として使えたり・・・

また、喫煙室でする話しで、仕事の相談をしたりされたり、ときには、談話で盛り上がったりなどで、場合によっては良い結果が生まれるときもあります。

それ以外にも、気分転換ができたり、くつろぎのひとときを得たりと、煙草を吸うことで良いこともあります。

そこで煙草は「百害あって一利なし」といわれていますが、一利どころか十利になることも百利になることもあると思います。

最後に

愛煙家の僕からすると、煙草は国から認められた嗜好品だし、マナーも守っているしで、煙草を吸っているというだけで、全てを批判される意味がわからないというのが正直なところ。

しかし、一歩外に出れば、歩き煙草や煙草のポイ捨てなどが横行していて、マナー違反の人がいかに多いかということに気付かされます。

そして、最悪なのは、自転車に乗りながら煙草を吸っていたり、灰皿のないところでプカプカと煙草を吸っていたなど・・・

とにかく、自分さえよければみたいなヤツが多く、そんな自分勝手なヤツのために、愛煙家が肩身の狭い思いをさせられているのは、害でしかないと思っています。

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク