僕がタバコを吸っている本当の理由

スポンサーリンク

OJS_inakanomisesakitoyuki_TP_V

口下手

自分は、超が付くほどの「口下手」です。

ですので、基本的に誰とも話しません。っか、人と話すのが基本的に嫌いです。

そこで、自分からはほとんど話し掛けず、もの凄く気心の知れている人と話すか、もしくは、話し掛けられれば一言二言話す程度です。

タバコで間を取る

もちろん仕事上での報告とか連絡とか相談、いわゆる「報連相」は、普通にしますが・・・

しかし、それ以外で仕事で誰かと一緒にいれば無言というわけにはいかず、話さないわけにいかず、話さなければ変な間が開いてしまいます。

そこで自分はどうしてるのか?

そう!タバコを吸ってその間を紛らわせているのです。また、タバコを吸いに行くを口実に、その場を逃げているのです。

社交場

また、口下手の自分が唯一の社交場として利用できるものは?

それは「喫煙室」や「喫煙所」で、なぜかしらタバコを吸う人とは、比較的に気さくに話せるので、もろもろのことを込みでタバコを吸っているということです。

また、少し休憩を取りたいとか、考え事をしたいとか、上司との少し間を取るために「タバコに行ってきます!」の行為もできるため、それもあってタバコを吸っています。

最後に

これで自分がタバコを吸わなくなったらどうなるのか?

他人との間が辛くなったり、唯一話せる社交場の喫煙室や喫煙所に行けなくなり、休憩することも考え事をすることもできなくなってしまいます。

それは、自分にとっては相当辛いことです。

もちろん、タバコを止められないから吸っているというのが大前提ですが、上記の理由などもありでタバコを吸っているというのが、僕がタバコを吸っている本当の理由です。

スポンサーリンク