キャビンの小・中学生時代

スポンサーリンク

長身デブ

小・中学生時代の自分はと言えば、常に「デブ」で、両親から多くの物を与えられ甘やかされて育てられた。

今思えば、うちは貧乏家だったので、自分みたいなわがままなバカ息子を育てるのに、両親は金銭的に相当苦労したんだと思う。

モテナイグループ

そんな自分の小・中学生時代は、デブブサイク(デブス)の根暗だったので、いつもモテナイグループに入っていた根暗時代を送り、もちろん友達たちも同じように全員根暗で、そんな友達たちと詰まらない日々を過ごしていた。

本当は「頭の良いグループ」とか「イケメングループ」とかに入りたかったんだけど、根暗な自分には、そんな技量も行動力もなく、ずっとモテナイグループで過ごしていた。

ただ、デブでも運動神経だけはそこそこ良かったので、体育の時間だけは好きで、小・中学生時代で唯一生き生きとしていた。

勉強が大嫌い

勉強は「中(ちゅう)の中(ちゅう)」、偏差値で言うところの50前後かな?勉強がとにかく大嫌いで、親の目を逃れるためいつも勉強しているフリをしいてた。

問題集を開きながらマンガを読んでいたり、テレビを見ていたり、ゲームをしていたりで、とにかく勉強が大嫌いで、その勉強から逃げることしか考えていなかった。

そんな勉強については、テスト前の一夜漬けでなんとか乗り切っていたって感じです。

塾を転々とする

そんなバカ息子のために両親は、無理して塾に通わせてくれたんだけど、塾に通うもいつも長くは続かずで、塾をいくつも転々とする。塾以外の通信教育も入れると、小・中学生で塾を覚えているだけで5か所は変わったと思う。

その塾を転々としていた理由は、先生が嫌い、成績が上がらない、雰囲気が合わないなどで、全て詰まらない理由から転々としていました。

今の転職癖はこのころからなんだろうな?小・中学生時代にもう人生がすでに決まっていた気がする。

詰まらない小・中学生時代

小・中学生時代の良い思い出なんて1つもない。友達にイジメられたこともあったし、先生にイジメられたり、やってないことの濡れ衣を掛けられたり、ときにはビンタされたりしたこともあったな。

結局、なんも楽しくない小・中学生時代を過ごすことになる。

スポンサーリンク