TBSドラマ「コウノドリ」を見て母を思い出し泣いてしまった。

スポンサーリンク

ドラマ「コウノドリ」

昨日、九州旅行から無事に帰って来て、何かしようと思ったときに・・・

取り合えず、貯まってしまった録画していたテレビがあったので、それを先に見てしまおうと思い、昨日はずっとそのテレビを見ていました。

そこで、TBS系列で「コウノドリ」という、産婦人科で起こるエピソードを舞台にした、医療系のドラマが放送されているのですが・・・

そのドラマを見ていて、思わず目がうるっとしてしまって、泣いてしまった。

泣いてしまった経緯

そのドラマの中で、ある助産師が「子宮」の病気になってしまい、子宮を「全摘出」するという話しになって・・・

子宮を全摘出するということは、今後二度と子供を産めなくなるなどがあり、女性にとって大きく悩む問題になると思います。

それが、うちの母の過去の病気のこととリンクしてしまって、母が病気のことで、当時相当苦労したことを思い出してしまい・・・

当時の母の病気のことが、急に頭に過(よぎ)ってしまい、そしたら目が勝手にうるうるしてきて、それで泣いてしまったということです。

歳を取ると、何だか涙もろくなりますね。

感謝しかない。

うちの母は、大病を2度ほどしていて、1つ目は、後2~3日病院に行くのが遅れていたら、手遅れで亡くなっていました。

2つ目は、ある病気で倒れてしまい、救急車で病院に着くのが後30分遅れて、手術が間に合わなかったら亡くなっていました。

そんなことが2度もあり、今生きていることが運が良いというか奇跡に近いことで、そのときに亡くならなくて、本当に良かったと思っています。

そして、当時お世話になった、病院の先生やスタッフの方などには、感謝しかありません。また、助けてくれたおばちゃんとか、もろもろの人にも感謝しかありません。

両親からの電話でビクっとなる!

両親からは、2~3ヵ月に1度ぐらいのペースで、私のことを心配してくれて、電話かメールで連絡をくれます。

その連絡は大抵はメールで、メールのときは特に気にならないのですが、電話のときはその度に「ビクっ!」としてしまいます。

それは、うちの両親は高齢で、いつ亡くなってもおかしくない年齢ですので、電話が来ると「両親に何かあったのか!」と思い、それでビクっとなってしまうということです。

とにかく、母だけでなく父も含めて、両親には1日でも長生きして欲しいと思っています。

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク