キャビンの社会人 その9(酒好き上司からの嫌がらせ)

スポンサーリンク

本腰を入れて転職活動開始!

前職を2か月足らずで辞め、今度こそはと本気で転職活動に挑む

もちろん今までの転職活動が本気じゃなかったわけじゃないんだけど、いい加減に落ち着かないとまずいぞ!との焦りもありで本腰を入れて転職活動をする。

しかし、35歳を超え転職するには年齢的に厳しく、転職回数が多かったのと、それと、アルバイトや短期の仕事を間でやっていたのでブランクがあったのもありで、正社員に採用されるのは困難を極めた。

初めての派遣

そこで、派遣で良いと思う仕事があり、正社員を一端諦め、その派遣の仕事の面接に行く。そこで採用となり心機一転でその派遣で働き始めることとなる。

一応、上場企業の子会社、会社としては悪くない。将来的に正社員の道もあるとのことで入社を決意した。

その派遣の仕事は、複数のマンションの設備関係を管理する仕事、要は、ビルメンのマンション版みたいな感じの仕事でした。

酒好きな上司

しかし、上司となった人は、人的には悪い人ではないんだけど、とにかく酒が大好きな人で、毎週2~3回のペースで仕事後に酒の席に付き合わされた。それは、酒がほとんど飲めない自分には苦痛でしかなかった。

もちろん、入社したばかりの新人の自分が、その酒の席を断る理由もなく、嫌々ながらも表向きには「ニコニコ」しながら「また、ご馳走になります!」と言いながらその上司の御供を毎週していた。

しかし、そんな席も毎週続くとなるといい加減に嫌になり、あるとき我慢の限界を超えてしまい、その酒の席を断ったところ、翌日に一緒に行くはずだった仕事に数時間遅れで来るという嫌がらせを受ける。

嫌な仕事を振られる

また、その上司は基本的に自分の好きな仕事しかやりたがらない人で、嫌いな仕事の一切を全部振られてしまい、もめている客の仕事を無理やり押し付けられたり、仲の悪い他部署の仕事をやらされたりで・・・

そんな嫌がらせを何度かされてしまい、酒のこともあってで、この先この上司と上手くやって行く自信がなくなってしまう。

そこで、契約期間が切れるまでは様子を見ようと、それから2か月ほど様子を見ていたんだけど、状況は悪くなる一方で、どうにもこうにも上司と上手く行かない状態が続く。

また仕事を辞めることになる

その後、実は、そこそこの好待遇で正社員の話しもあったんだけど、上司との関係(状態)を考えると、短期には大丈夫でも、長期的に仕事を続けるのは無理と判断し、契約期間満了で次の更新をせずにこの会社も辞めることになる。

そしてまた振り出しに戻ることになる。

結局、自分の我慢が足りないだけのことなんだろうけど、それにしたって仕事運が悪過ぎるだろと思いながらこの会社を去ることになる。

URL:続きを読みたい方はここをクリック!!

ダメ人間人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

スポンサーリンク