キャビンの社会人 その7(転職に失敗そして自信喪失)

スポンサーリンク

面接に受かるも納得しない日々

転職を決意してからは、月2~3回のペースで面接を受けることになる。

ビルメンでは「当直」(24時間勤務)をやっていたので、明けの平日に面接に行けるという転職活動するには環境的に恵まれ、多くの面接を受ける。

ビルメンの面接については、経験&資格があり、ビルメン会社に在職しいて現役でしたので、面接を受ければ大抵は採用(内定)されるといった状態でした。

運良く超大手に採用される

しかし、今のビルメンと条件が変わらないなら転職する意味がなく、採用が決まるような会社は、どこも今の会社と条件は似たり寄ったりで・・・

そこで、いつしか転職してキャリアアップするのは、私には無理だと諦めるようになっていました。

しかし、たまたま超大手といわれるビルメンの求人を見て、たまたま面接を受けたところ、運良く採用が決まり、その会社に入社することになります。

超大手の面接内容など

書類審査→適正検査→1次面接(人事)→2次面接(現場)→最終面接(役員)

その会社に採用されるまでには、こんな感じでしたので、どうせどこかで落ちると思いながら面接などを受けていたので・・・

まさか採用されるとは思わず、採用されたのは本当に運が良かったと思います。

ビルメンをしている人なら、誰もが知っているような超が付く大手に受かるとは思っておらず、採用されたときには、完全に有頂天になってしまいました。

鬱手前まで行く

それから、その会社に意気揚々と入社するも、入社したことがすぐに失敗だったと悟ることになります。

それは、入社から時間が経つにつれ、今まで経験したことがなかった「マネージメント的な仕事」をさせらるようになり、多くの部下を抱えさせられたからです。

そして、私の能力を超えるような仕事内容に、毎日頭を抱えるようになってしまい・・・

そのような中で、仕事していたところ「鬱手前」まで行ってしまい、もうこれ以上無理に仕事を続けたらヤバイと思い、医者からのすすめもあって退職することを決意する。

自信喪失になる

このことで、今まで持っていた自信を全て打ち砕かれ、今後、仕事に対して全く自信の持てない人間になってしまう。

また、今までビルメンで積み上げてきたキャリアをここで全て捨てることになる。そして、このころが社会人としての1番のピークでした。

それは、会社の知名度、給与、福利厚生、仕事内容など、どれを取っても私には申し分ない会社でしたが、仕事の重圧に耐えきれず逃げてしまいました。

URL:続きを読みたい方はここをクリック!!

ダメ人間人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

スポンサーリンク