キャビンの社会人 その6(ビルメンに転職)

スポンサーリンク

ビルメン系の資格を取る

ビルメンに転職するにあたり、何が必要なのかとネットで知らべたところ「取り合えず資格を取れ!」とのことで、取り合えずボイラーの資格を取るため勉強を始めることにする。

今まで資格なんて、自動車やバイクぐらいしか持ってなくて、資格を取るといっても不安で仕方がなかったんだけど・・・

幸い当時は「無職」だったので、勉強する時間はあったので、半年ぐらい掛けて、ボイラー、危険物、消防設備などの資格を取り、ビルメンの面接に挑むことになる。

未経験で、年齢も30歳を超えていたので、採用されるまでかなり辛い戦いになるだろうと予想していたのですが、3社目であっさり採用され拍子抜けしたのを覚えています。

ビルメン人生のスタート

30歳を過ぎて、全くの未経験からのビルメンだったので、不安で仕方がなかった。

その不安は的中することになり、入社早々から未経験で仕事ができなかったことで、偏屈爺さんの格好の的(まと)になり、ことあるごとにその偏屈爺さんに叱られることになる。

しかし、そんなお叱りも半年ぐらい経つと徐々に少なくなり、逆にその偏屈爺さんから信頼されることになる。

仕事は順調

その後、仕事を順調に覚え、資格も増えて、2年の月日が流れることになる。

そのころには、職場の中では新人ながらも中堅の域に達していて、いろいろな仕事を任されることになる。

しかし、楽とのふれ込みでビルメンになったものの、決して楽だとはいえない世界で、徐々にビルメンの仕事に疑問と不信を覚えるようになる。

先輩を下に見る

ある程度仕事を覚えてしまうと、周りの仕事ができない人が目に付くようになり、言葉悪いですが「こいつら使えねえな!」とバカにするようになっていました。

それは、仕事のできない人や資格を持ってない人を見下すみたいな・・・

そこで、新卒で入社したときの出来事「リーダー的な存在になって天狗になった」ではないですが、徐々に「自分はできるんだ!」と天狗になっていました。

そして、ITでは目差せなかった「上を目指したい!」と徐々に思うようになる。

転職を決意

どうせビルメンが楽な仕事でないのなら、どの会社に行っても同じなのだから、どうせなら上を目指した方が良いと思い・・・

そこで、転職して大手に行けば、給料も上がるし社会的地位も上がるし、一石二鳥で・・・

また、使えない周りの人たちを見ていたので「自分なら上を目指してもやって行ける!」との裏付けのない変な自信もありました。

そして、キャリアアップを目指し転職することを決意する。

URL:続きを読みたい方はここをクリック!!

ダメ人間人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

スポンサーリンク