キャビンの社会人 その5(ITを諦めビルメンを目指す)

スポンサーリンク

転職活動を開始

仕事を続けながら転職活動を開始する。

一応、ITのスキルがあるとのことでそこそこ採用にはなるものの、しかし、どれも納得できない仕事ばかり。

面接で話しを詳しく聞いてみると、前職の延長のような仕事、ITの営業、システムの運用管理など、そんな仕事にしか採用されない現実

そして途方に暮れる

自分としては、今までに経験したことのない新しいITの知識を身に付けたいと思っているのに、採用が決まるのはどれも自分のやりたい仕事とは意に反するものばかり。

今までの延長上の仕事や営業などの仕事をするなら、なにも今の仕事を辞める必要などなく、そんなのもありで途方に暮れていた。

結局、今の会社の仕事内容を紙に書き出せば一見凄いスキルだと思われるんだけど、話しをすると「大したことねえな」で終わってしまい、妥当な裏方的な仕事を紹介されてしまうと言った状況でした。

社内SEに採用される

そんなとき、とある中小企業で「社内SE」の募集があり、面接に行ったところ、将来的に現行のシステムから新しいシステムに入れ替えを検討している。そのときにノウハウを覚えてもらって、当社で活躍して欲しいと言われる。

しかし、自分としては、第一線でバリバリやりたいと思っていたので、社内SEとか少し違うんだよな~と思いながらも、新しいITのノウハウを覚えられるチャンスかもと思い、入社を承諾し、この会社に入社することになる。

入社後

入社してからは、現行のシステムの運用管理の仕事をするようになる。

しかし、システムの運用管理と言っても中小のシステム程度のことなので、大してやることもなく、システムに不具合がないかのチェックや定期的なバックアップやヘルプデスクなど、誰にでもできるような全くやりがいのない仕事内容にいい加減に嫌になる。

そこで、入社から数か月後には、仕事をするというよりも「どうやって時間を潰すか?」そればかりを考えるようになり「俺、何のために転職したんだ?」「こんなことをするために転職したのか?」と思い悩むようになる。

転職を決意する

結局、悩んだ挙句、転職することを決意する。

どうせならもう二度と失敗しないように万全の体制で転職活動に挑もうと考え、在籍しながらではなく、一端会社を辞めてからの転職活動を選ぶ。

その後、転職活動をするも、年齢の割には転職回数が多く、また、ITのスキルも枯渇してしまっていたので、自分の希望するITの仕事はどこにも採用には至らずでした。

ビルメンを目指す

そこで、IT特有の「30歳定年説」ではないけれど、もうこのころは30歳を超えていたし、ITではやって行く自信もなかったしで、年齢的にキャリアチェンジをするなら今だと思うようになっていた。

そんなとき、暇潰しにネットを徘徊していたところ「ビルメンは資格さえあれば誰でも採用される」「高齢者が多く仕事が楽」「のんびりと仕事ができる」などのふれ込みを読み、いつしかビルメンを目指すようになる。

もう仕事であくせくするのは嫌だな。もうやりたい仕事はできないし楽に生きられればいいかな的な感じで、そのビルメンの仕事を選ぶことになる。

スポンサーリンク