キャビンの社会人 その4(システム屋としてのスキルに疑問を持つ)

スポンサーリンク

スキルの向上は無理

もうこの会社ではITのスキルの向上は望めない。年齢も劣化するばかりで、このままではダメになると思い・・・

これ以上、ダラダラと仕事を続けるとITという若い業界で、システム屋として年齢的に転職ができなくなってしまうとの焦りがあり、仕事に希望を持てずにいた。

それは、システム屋といいながらも、会社での教育が全くなければ、使っている言語も古い言語だったし・・・

さらに、システムを組むといっても「自己流」で組んでいたので、それが正解だったのかわからず組むような状態で、仕事をこなしていたからで・・・

自分のスキルに疑問を持つ

また、社内のシステムについて、じっくり相談できる相手もいなかった。

仕事は、PCの設置からネットワークの設定管理、ベンダー管理からシステムの納期管理、上流から下流までのシステム設計など、システム周りを全て私1人でやっていました。

そして、その経歴を書けば、スキルとして認められるとは思うけど、それが外で通用するというか、実際に使えるスキルかといわれたらかなり疑問だった。

転職を決意

そんなのがあって、ずっとITで上を目指したいと思っていたので、スキルの向上が望めない会社にしがみ付く理由もないと考え、ここで転職を決意することになる。

また、それ以外にも、給与が入社から何だかんだで一度も上がらず、休みも年間で70日の会社だったので、全く優遇されない自分の立場に、嫌気が差していたというのもあった。

そこで、もう少し上司などが私のことを評価してくれていたなら、もしかしたら転職をしようなどとは考えなかったかもしれない。

ただ、この転職の決断が、後々間違いだったことに気付くことになる。

そこそこ良い会社だった

仕事は楽、有給は基本的に使い放題、さらに交渉をしなかっただけで、交渉次第では給与を上げることも可能だった。

それは、この会社が良い会社だったとは思わないけど、今考えると無理して会社を辞める理由もなかったように思う。

確かに、ITのスキルの向上は望めなかったけど、仕事は自分のやりたいようにやれたし、人間関係は良好とまではいわないけど、そんなに悪い雰囲気ではなかった。

その人間関係では、単に2世社長が嫌いだったのと、上司の風当たり少し強くなったというだけで、それさえ我慢できればなんてことはなかった。

転職人生

結局、この会社を転職することになるのですが、タラレバの話しになるので、転職の決断が少し早かったように思います。

それは、将来的にシステムから離れて、経理的な仕事に移ることも可能だったし、人事や総務などそっち方面の仕事に移ることも可能でした。

なぜそういった選択をしなかったのか、なぜITにそこまで固守していたのか、今思うと全くわからないし、若かったからなのかな?

そしてここからは、行く会社行く会社で転職を繰り返すようになり、人間関係、仕事内容、給与など、良い会社に巡り会うことがきず、転職の度に悩み続けることになる。

URL:続きを読みたい方はここをクリック!!

ダメ人間人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

スポンサーリンク