キャビンの社会人 その2(転職活動で50社以上にほぼ全敗)

スポンサーリンク

新卒キップを捨てる

不景気の影響で会社が傾き、そのことで上司と喧嘩をして前職を約1年で退職する。結局、その退職した会社に、就職に大切な「新卒キップ」を台無しにされる。

その会社を退社してから約1か月半後に知人のツテで何とか再就職を果たす。

ダラダラ

しかし、その知人に紹介してもらった仕事は、バイトに毛が生えたような仕事で、バイトに毛が生えた程度の仕事なので、楽な仕事ではあったけど給料が安く、楽な代わりにスキルも付かないという最悪な会社に入社してしまう。

「若気の至り」と言っては変ですが、若かったので先のことを全く何も考えず、とにかく仕事がしたい金が欲しいと飛びついた仕事でした。

ただ、仕事が楽だったことで、この会社でダラダラと過ごしてしまい、この仕事を無駄に数年間も続けることになる。

危機感

会社の周りの若い人は、そんなスキルの付かない仕事に対し危険を察知してなのか、次々と転職しては消えて行きで、結局、若い中(20代中盤)では、自分1人だけが取り残される。

そこで、このままではいけないと危機感を覚え、やっとのことで重い腰を上げ転職活動を開始するも、大した職歴&スキルがなかった自分は、約1年近く掛けて50社以上の会社を受けるもほぼ全敗する。

しかし、最後の最後にソフト屋で働いていたときのスキルが認められ、とある中小企業になんとか滑り込むことになる。

屈辱の日々

約1年掛けた転職活動はとにかく屈辱の毎日だった。

職歴やスキルがないことで書類で落ちることはもちろんのこと、面接ではスキルがないことを鼻で笑われたり面接で適当にあしらわれたこともあった。

ただ、ここで諦めて転職活動を止めては次がないと思い、とにかく次が決まるまではと思い、仕事の合間をぬってコツコツと転職活動を続けた。

最後に

とにかく、次の仕事がやっと決まったと安堵するも、次の会社でもまた苦労することになる。

その決まった会社に心から行きたかったかと言われると、もう1年近くも転職活動を続けていたし、そのことで疲れていたし、いい加減にケリを付けたかったしで、妥協して入社を決めたと言うのが正直なところです。

そんな感じだから次の会社でも苦労することになったのかもしれません。

スポンサーリンク