キャビンの社会人 その13(仮眠が取れず不眠症になる)

スポンサーリンク

仕事がない!

前職を「超ド短期」(2週間)で辞めたのはいいけどその後の仕事がない。

40歳も超えれば仕事がないのが当然で、正確には仕事はあるけど、条件に合う仕事がないような状態でした。

それは、仕事内容、給料、勤務地、年齢、いろいろな条件を加味していくと、ほとんど仕事がないような状態でした。

最悪なのは、転職回数が多くて、面接でどう言い訳したって「コイツは仕事が続かない」と、当然だけど思われてしまい、そのことで、書類では落ちるし、面接では突っ込まれるしで、とにかく次の仕事が決まるまでは大変だった。

24時間勤務

そこで、仕事がなく悩みに悩んで仕方なしに「2交代制」(24時間勤務含む)の仕事をすることになる。

その仕事は、警備あり、設備あり、清掃あり、その他もろもろありで、各部門の手薄なところを手伝うような「雑用」的な内容でした。

以前に働いていた「ビルメン」に行くことも一瞬考えたんだけど、超大手のビルメンを仕事が辛くて鬱手前まで行って逃げて辞めてしまったトラウマがあって、また、病気になってしまうのではないかとの恐怖もありで、どうしてもビルメンに行く気にはなれなかった。

ビルメン:転職に失敗して自信喪失

不眠症

就職してからは、仕事は差して難しいものではなかったけど、仕事以外に問題があった。それは、仮眠時間に周りがうるさいのと自分の布団ではないので睡眠が上手く取れなくて寝れないことだった。

24時間勤務で寝れたのは1~2時間程度で、寝れずに辛かったけど年齢的に後がないので無理をして仕事を続けるも・・・

こんな状態で無理をして仕事を続けていたところ体調がおかしくなり、後日病院に行ったところ「不眠症」と診断される。

その後、会社に病状を相談したところ、上司からの「無理」だとの判断で、自分でもこれ以上は無理だと感じていたので、双方の合意の上で辞めることになる。

最後に

今回、仕事を辞めたのは、病気になったんだから仕方ないと思う反面、やはり我慢が足りなかったのかなと思う部分もありで、何とも言えない違和感みたいなものを感じていた。

もうこの歳になると仮眠がまともに取れない24時間勤務とかって無理なんだろうな?

これ以降、仕事を辞めたのは仕方ないにしても、次の仕事をどうすればいいのかと思い悩む日々が続くことになる。

スポンサーリンク