おばちゃんに七味の値段はいくらなんだ!とゴネられたときの話し

スポンサーリンク

七味の値段はいくらなんだ!

つい最近、コンビニに行って、思い出したことがあったのですが・・・

それは、以前記事にしたことがあるのですが、おばちゃんに「七味の値段はいくらなんだ!」とゴネられたときの話しです。

その昔、コンビニで深夜のバイトをしていたときに、近所で居酒屋を経営しているおばちゃんが、私がバイトをしていたコンビニに来たのですが・・・

そのおばちゃんが「七味(唐辛子)ある?」と聞いて来たので、七味がある場所を教えてあげました。その後、その七味を持って来て「これいくらするの?」と聞いて来ました。

値段がわからない七味

その七味には値段が付いておらず、レジで七味のバーコードを読んでも「ピー」というエラー音が鳴るだけで値段が出て来ない。

そこで「値段はわからないですね。」と、おばちゃんにいったところ・・・

おばちゃんから「今必要だから、すぐに値段を調べて!」といわれ、そこで「わからないので調べられません。」というと・・・

おばちゃんが「じゃあ、店長を呼んできて!」というも、その時間は「夜中の4時」で、そんな時間に寝ている店長を起こすこともできず「店長は呼べません!」という。

店長を呼べの連呼

しかし、おばちゃんはどうしても、今七味がいるらしく「店長を呼んで来て!」と一向に折れない態度

そこで、仕方がないので妥協案を出して「じゃあ、100円置いてって下さい。」「値段の誤差は、後日店長に精算してもらって下さい。」というも・・・

しかし、おばちゃんは「え?こんなに小さな七味が100円もするの??」「100円もしないでしょ!」と、今度は七味の値段のことをゴネ始める。

値段とかどうでもいいんだけど!

そうじゃなくて、100円は担保みたいなもので、七味の値段とかどうでもいいんだけど!

そこで「うるせえな!100円払ってさっさと七味持って行けよ!!」と思うも、大切なお客さんですので、そんなことをいえるはずもなく・・・

そこで「じゃあ、50円でいいですよ!」というと納得したのか、50円を払っておばちゃんは去って行きました。

結局、そのおばちゃんにゴネられたせいで、15分近くも時間を無駄にしてしまった。

バイトなのに残業する!

時間帯的に、品出しとかの仕事が詰まってたときに七味1つのことで、こんなくだらないやり取りを夜中4時にして・・・

しかも、15分近くもゴネられてしまい、仕事が後回しになってしまい、おばちゃんが帰った後の仕事が大変だったのを今でも覚えています。

その後、バイトの時間内に仕事が終わらず店長に事情を話して、バイトなのに少しだけ残業をして帰ったのを今でも覚えています。

また、七味に値段が付いていなかったことで、店長から「わるかったな、今度から気を付けるから。」と謝られました。

おばちゃんが謝りに来る!

後日、自分がバイトをしてるときに、そのおばちゃんが突然店に来て・・・

おばちゃんが「ゴメンネ、七味の値段は120円だったわ。」といい、謝りながらバツが悪そうにそそくさと去って行きました。

そこで、小さな袋に入った七味が100円は高い!と散々ゴネたくせにいい加減にしろよ!!と思ったのを今でも覚えています。

急に昔のことを思い出したので、記事にしてみました。

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク