プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達

スポンサーリンク

年末で1番楽しみにしているテレビ番組と言えば?

それは「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達

年末の番組と言えば、いつもこの番組を思い出すし、放送されるをいつも楽しみにしている。

プロは甘くない世界

そんな番組を見ていると当たり前だけど「プロ」なので甘い世界ではなく、少しでも活躍できなければ故障などがあればすぐにクビを切られる世界なんだと改めて思い知らされる。

プロ野球は、一見華やかな世界に見えるけど、裏に回ればいろいろな考えがうごめいていて、そんなプロの世界で生き残って行くには、相当大変なんだろうな?と思う。

同情はできないかな?

ただし、番組を見ている限り、同情できるストーリーは正直1つもなく、家族があったり、子供がいたり、助けてくれる人がいたりで、なんだかんだと言いながら、俺なんかよりもずっと恵まれてるんだよな~と思いながら「斜め目線」で見ている。

もっと素直になって応援する気持ちで番組を見れればいいんだろうけど、応援以前に自分より圧倒的に良い立場からの戦力外なので同情する余地が全くない。

じゃあ、なんで見てるの?

じゃあ、なぜに同情できない番組を好き好んで見てるんだ?って話しになるんだけど・・・

戦力外を言い渡されて、どんな思いを抱くのか?どんな方向性に行くのか?BCリーグなどで安給料でも野球を続けるのか?それとも家族のことを思ってキッパリ野球を諦めて再就職をするのか?

その辺の考えとか駆け引きとかそんなのが好きで毎回欠かさず見させてもらっています。

最後に

今年も今日で終了!良くも悪くも1年過ごせたことに感謝かな?ブログでは散々毒吐いてたけど、まあ、悪いなりにもそれなりの年だったと言うことなのかな?

来年は、今年以上の良い年にできたらそれでOK!言うことはないね。

スポンサーリンク