天国にいちばん近い島ニューカレドニアで思い出す原田知世さん

スポンサーリンク

天国にいちばん近い島

数日前に、録画していたテレビがかなり貯まっていたので、見てしまわないとと思って見ていたところ「ニューカレドニア」のことについてやっていました。

ニューカレドニアについて軽く説明すると、ニューカレドニアがあるのは、日本からずっと南下して少し東へ寄った、ニュージーランドの上あたりにある島です。

正式国名は「フランス領ニューカレドニア」、公用語は「フランス語」になります。そして、ニューカレドニアといえば「天国にいちばん近い島」と言われています。

天国にいちばん近い島

なぜ、ニューカレドニアが天国にいちばん近い島と言われているのか?

それは、天国にいちばん近い島という森村桂さんの小説があって、その小説の舞台となっているのがニューカレドニアだからです。

ですので、ニューカレドニアのことを天国にいちばん近い島という人は、日本の人だけのことらしいです。

そして、その小説の天国にいちばん近い島といえば「映画化」されていて、主演は「原田知世さん」がされていました。また、同題名で歌も歌っています。

天国にいちばん近い島=原田知世さん

ですので、私がニューカレドニアといわれると=天国にいちばん近い島=原田知世さんを思い出すというわけです。

そして、原田知世さんの初主演映画と言えば、有名な「時をかける少女」です。それから「愛情物語」、次に「天国にいちばん近い島」と主演をされていました。

そして「早春物語」となり、次は、あの熱狂的な「スキーブーム」を呼んだ「私をスキーに連れてって」となります。

私は、上記の5作品が好きで、もうかれこれ10回以上は見ています。

若かりし頃の思い出がよみがえる。

そういった経緯があり、ニューカレドニアといわれると原田知世さんを思い出すし、若かりしころの思い出がよみがえって来るということです。

ただ、天国にいちばん近い島を直接映画館で見たわけではなく、20歳ぐらいのときに角川映画が好きになって、そして、レンタルビデオ(DVDではなく当時はビデオ)を借りて何度も見たというわけです。

そして、もしあのころに戻れたら?あれもこれもと一杯やりたいことがあるな。それだけ過去にやり残したというか、後悔していることがたくさんあるということです。

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク