ネカフェで「課長 島耕作」を読み漁る至福のときを過ごす。

スポンサーリンク

DSC_0074

課長 島耕作

昨日は、久しぶりに「ネットカフェ」(漫画喫茶)に行ってきました。

なぜ、急にネカフェに行ったのか?それは、マンガ(漫画)の「課長 島耕作」を急に読みたくなったから。それと昨日は暇だったので、それで急遽ネカフェに行ったということです。

数百円を惜しんで延長を止めるセコイ男

そのネカフェには、フリーワイファイがあるので、自分のノーパソを持ちこんでブログを書きながら休憩時間に島耕作を読むみたいな感じでした。

そんな感じだったので、5時間もネカフェにいたのに島耕作を2冊しか読めなかった。そこで、延長しようかと一瞬思ったんだけど、数百円掛かる延長料金を考え止めてしまった。俺ってセコイな。

そんなセコイ自分が凄く嫌になるときもあるんだけど、そうやってセコセコとやってきたから今の自分もあると思うので、貧乏出身の自分がセコイのは仕方がないこと?

結局、2冊しか島耕作を読めずにモヤモヤだけが溜まるという悪循環だけを残し、ネカフェを後にすることになってしまった。ただ、たまのネカフェは、それはそれで楽しかったです。

内容が濃い島耕作

島耕作は、他のマンガと比べると字数が多いので、隅から隅までじっくり読もうとすると1冊読むのに、大体45分ぐらいは掛かるかな?

そこで、面倒だからと読み飛ばしたくなるんだけど、それをやってしまうと詰まらなくなってしまうので、好きなマンガについては、極力読み飛ばさずに読むことを心掛けています。

島耕作が字数が多いというのは、それだけ内容が濃いマンガだってことなんですけどね。

ダメ人間人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

スポンサーリンク