何のために自分が生まれてきたのかを考える。

スポンサーリンク

何のために自分が生まれて来たのか?

たまになんだけど、自分がなんのために生まれて来たのかを考えることがある。

それは、自分の中では「誰かに必要とされたから生まれて来た」と思っている。

その必要とされているとは、例えば、両親だったり、友達だったり、学校だったり、社会だったり、何かしらに必要とされたから生まれてきたと思っている。

生かされている自分

だから生かされている間は、誰かに必要とされているのであって、そのため生きる必要がと思っている。

それがどんなにダメな人生を歩んでいたとしても、必要とされているので生きる必要があると思っている。

だから、自分も含めて人は生きているだけで、それだけでいいし価値があると思っている。

ダメ人間な自分

よくこのブログで「ダメ人間な自分は生きている価値はあるのか?」みたいなことを書いてしまうことが度々あるんだけど・・・

そんなことを書いておきながら、実は答えは出ていて、生きる価値があると思いながら生きている自分がいる。

逆に、そう思わないとやっていけないってのもある。

同世代を見て思うこと。

それは、生きているとやはり同世代の人を見てしまうんだよね。

同世代といえば、結婚をしている人もいれば、子供がいる人もる。会社を起こした人もいれば、大手企業で部長をやっている人もいる。公務員の人もいれば、俺の3倍も4倍も給料を稼いでいる人もいる。

自分より上位というか、頑張っている人の方が自分の周りには多い。

それと比べると、自分はやっぱりダメ人間なんだと思うわけです。

最後に

自分を下にしてダメだダメだといっていれば楽になれるからダメ人間といっている部分もあんだけど・・・

それ以前に、人と関わるこが嫌いで、ろくに努力できない自分は、やっぱりダメ人間だと思うわけです。

そんなダメ人間な自分が、何のために生まれてきたのかと考えるのは必然であって、生まれてきた価値を見い出せないとこには、生きる価値も見い出せないと思い、度々「何のために自分は生まれて来たのか?」と考えてしまうんだよね。

スポンサーリンク